ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 107 感想【注意】

【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 107 感想【注意】

V:107

 

トムッ

髭丸「エッー」

冒頭は瓜江の背後で床に落ちる自分の腕に気がつく髭丸のところから

前をむいたままの瓜江「いくぞ…!!」ドキドキドキ

 

 

髭丸「う うわああああああああああああ!!!!!!!」

完全に腕を失ったことを認識し表情を変えながらうずくまる髭丸

振り返る瓜江「髭丸っ!?」(どうし…)

ビュォオ

瓜江「(たっ)ー!!」

 

目にも留まらぬドナートの赫子? が襲うも咄嗟に回避する瓜江

 

ドナート「余所見か….」

「余裕じゃないか」

 

「ー気を抜くなよ ○ぬぞ 瓜江久生ー」

 

 

倒れたままの髭丸「うううーっ!うううーっ!!」

気を張り 顔には汗を大量ににじませる瓜江は今度は僅かばかりもドナートから視線を外すことは出来ないといった様子

瓜江「ー髭丸わるいが構えない(○ぬ..○ぬ….)」

「シケツして米林のところまで逃げろ」(レートはSS?行けるか?ー」

 

瓜江「ー!!」

 

髭丸を狙うかのようなドナート攻撃をぎ りぎりといったタイミングで瓜江が受け止める

「(ー赫子の予備動作が ないー)」

 

 

「(考えるな 感じろ!)」(髭丸..逃げてくれ…)

「(化物が….ー)」

 

ドナート「子猫にしては鋭いな」

 

「猫じゃらしでは物足りないかー」

瓜江「(所詮一度トチって投獄された喰種だ コクリアに逆戻りさせてやー」

「!!」

視線を一時たりとも切っていない といったはずような瓜江がドナートを見失う

 

 

視線を素早くはしらせる瓜江「(ーどこだ)」

「(ど こ だ ー)」

 

「(なっー)」

 

 

「!!」

手足を封じられた瓜江をそのまま天井におさえられてしまう

 

髭丸を背後からとらえるドナート「ーいい眺めだろう」

 

「…これからお前の部下を解体する ゆっくりと…大胆に」

髭丸「ぐっ…」

ドナート「手も足も出ずに バラバラにされていく様子を貴様はただそこで眺めるだけー」

瓜江「や やめろ….っ」

 

ドナート「私の気持ちを味わえ」

 

「辛いよな 見守るだという立場は」

 

メキメキとした音が周囲にひびく

 

 

髭丸「ひっ あぐ グッ」

 

 

「ーああああああああああああああああああああああああああああッッッ」

 

ぼちい

 

 

左腕を失い更なる声をあげる髭丸

瓜江「ー」

ドナート「F××k」

 

 

「ーはははー」

 

 

カネキ「月山さんー」

場面はまだまだピエロとの戦闘を続けるカネキらのところへ

片腕の腕時計をかざす月山「 」

とどうやら あれから20分は経ったといった様子

 

カネキ「(想定よりも迅速にピエロを掃討できた)」

「(このまま何も起きなければラボに…ー)」

 

 

 

すんでで回避するカネキ「ー!!」

 

白スーツの喰種達「げは!」

*「ぎょあ!」

が 気づけば周囲では次々と黒服らが猛威を振るっている様子

 

黒服「ー”本局特殊捜査官”です」

「喰種の駆逐に参りましたー」

 

 

カネキ「….ー」

驚くような捜査官達「ー”本局”…っ」

*「”特殊捜査官”…?なんだそんなの聞いたことないぞ…」

月山「ー厄介になってきたね」

ニシキ「奴らを焦らせた証拠だろ」

「厄介な連中があらわれたって事はー」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

194 コメント オン "【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 107 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

ドナートは貴重な情報たくさん持ってるから簡単には処分できないって描写が無印にあったと思うんだが。凶悪犯罪者が自分が殺して埋めた場所を少しずつ公開して死刑を先延ばしにするのと同じ手法だな。

名無しの伝承者

マスクをつけるのはファッションもあると思うけど
単に気分が上がるからじゃない?無印でそんなこと言ってたし
それにカネキも顔バレしてるけどマスクしてるし

名無しの伝承者

ウリ坊はヤバイかもね。
結果髭を見捨てて逃げた形になって、自責の念にかられ、キチむっちゃんに慰められ、別の方向に向かってしまう気もする。それか金木登場で助けられるか。

タタラがアッサリだったので、ドナートの強さ、冷酷さには安心した。

政が会食した店が、和修家御用達で
人肉と人間飯を両方出す店だったら面白いけどね
あんてぃくやreの喫茶店も人間の客が来るしね
レストランも両方のお客に対応してるんじゃないか?

ドナートの台詞
兄貴を殺されたタタラと微妙にキャラかぶりかな?

ドナートが言っているのは、亜門の事ではなく、大昔に殺害された(たぶん?)お仲間の話をしているんじゃないか?
3区のピエロは壊滅してんだろ?

クインケを使わないで戦闘できるなら
ドイツでクインケを研究AND開発する意味がなくなるやんか

江戸時代の和修ならわかるが、現在、クインケ以外の武器をわざわざ使用する理由がわからないんだが??
逆に、何でクインケではないと思う?
グールの身体が綺麗に切れているのに、普通の刀は切れんだろ?

名無しの伝承者

Vの刀がクインケとは言い切れないのでは?
和修家はクインケがない時代からグール退治してるし。。

名無しの伝承者

>>傘で粘膜部位を貫いて倒したって解釈で良いのでしょうかね
馬糞パイセンに「柔らかい・・・(ハアハア」と言われた金木きゅんのお腹ですら包丁を弾くし神兄貴も粘膜から抑制剤を入れて柔らかくしてから拷問してたから目とか狙ったんだろ。
初撃で左目を貫いて脳みそをまじぇまじぇ。「とろけてる場合じゃない」と混乱しつつ対処しようとした喰種をあの変態的な動きでワンサイドゲームで完封。最後に右目も貫いた感じじゃない?

名無しの伝承者

>>和修はグールなのに、人間飯で会食したり大変だ
ウリウリが政にゃんの会食に呼ばれた時に料理に不快感を示してたのがウリウリがフレーム解放でビンビンで当時は『和修=V=喰種』とバレてなかった頃。今となってはあの時に食ってたパテが塩野パテみたいに人肉パテだった可能性すらある(香辛料で人肉風味を誤魔化したとかあの時に同席してたのが和修一族だった可能性とか)

>>コクリアに収監されているグールもだけど、Vもコクリアにいるのは
ちゃんヒナの獄中日誌で『シチュー』と呼ばれる存在については語られてる。ようは人肉が食料として出されてるということ。確かにコクリアに居ればわざわざ数ヵ所で人肉処理をしなくていいから便利だけどね

名無しの伝承者

なぜなぜうるさい奴いるけどちゃんと全話見ろよwww

名無しの伝承者

>アンチも信者も最終的には人格否定するんだな

人格否定とまとめると教養モラルが無い、のだけれども。
アンチがネタバレサイト見にきて喚く行動原理を説明してくれ、あと理解できるのかも

名無しの伝承者

「Vが半グールに近いレベル(有馬に近いレベル)なら、武器なしの格闘でもイケるかもね」
ブジンってピエロを素手で殺してたはずだが

名無しの伝承者

アンチも信者も最終的には人格否定するんだな

名無しの伝承者

旧多→嘉納式で感覚ビンビン
エト→鯱ですら瞬殺した有馬とガンガン打ち合う音が聞こえる
ドナード→ウリエが命令したことを知っているかまだ不明

そもそもドナードは亜門のことを言ってるわけでなく、亜門とは別の人物が実際に目の前で嬲られたことがあるんだろ

いつも思うんだけど その場に居ないのに何で分かるの?
旧多→梟クインケ破損
エト→有馬VS金木 金木善戦
ドナート→瓜江が命令して亜門を殺させた

名無しの伝承者

Vの刀は普通に考えてクインケだろ。不意打ちするなら当然切りかかる前にケースから出してるだろうし。そもそもクインケ鋼なんていう合金があるんだから、サソリみたいにむき出しのまま存在するクインケがあっても変じゃないよ。

てかRC細胞を常に供給しないとクインケ維持できないなんて記述あったか?
RC細胞が不安定なのがカグネで、人工的に安定させたものがクインケって認識だったんだけど。

re抑制剤があるなら、活性剤も作れるだろうから、ドロドロ溶液はそれ
グールを改造工事する時に必要になるんじゃない?

和修はグールなのに、人間飯で会食したり大変だ
グールをドロドロにした溶液は、そんな和修家の大事な栄養補給源だと思っていた
コクリアに収監されているグールもだけど、Vもコクリアにいるのは、それを摂取しないと人間食わないといけなくなるから、みんなのご飯では?

wpDiscuz