【ネタバレ】東京喰種:re トーキョーグール 107 感想【注意】

V:107

 

トムッ

髭丸「エッー」

冒頭は瓜江の背後で床に落ちる自分の腕に気がつく髭丸のところから

前をむいたままの瓜江「いくぞ…!!」ドキドキドキ

 

 

髭丸「う うわああああああああああああ!!!!!!!」

完全に腕を失ったことを認識し表情を変えながらうずくまる髭丸

振り返る瓜江「髭丸っ!?」(どうし…)

ビュォオ

瓜江「(たっ)ー!!」

 

目にも留まらぬドナートの赫子? が襲うも咄嗟に回避する瓜江

 

ドナート「余所見か….」

「余裕じゃないか」

 

「ー気を抜くなよ ○ぬぞ 瓜江久生ー」

 

 

倒れたままの髭丸「うううーっ!うううーっ!!」

気を張り 顔には汗を大量ににじませる瓜江は今度は僅かばかりもドナートから視線を外すことは出来ないといった様子

瓜江「ー髭丸わるいが構えない(○ぬ..○ぬ….)」

「シケツして米林のところまで逃げろ」(レートはSS?行けるか?ー」

 

瓜江「ー!!」

 

髭丸を狙うかのようなドナート攻撃をぎ りぎりといったタイミングで瓜江が受け止める

「(ー赫子の予備動作が ないー)」

 

 

「(考えるな 感じろ!)」(髭丸..逃げてくれ…)

「(化物が….ー)」

 

ドナート「子猫にしては鋭いな」

 

「猫じゃらしでは物足りないかー」

瓜江「(所詮一度トチって投獄された喰種だ コクリアに逆戻りさせてやー」

「!!」

視線を一時たりとも切っていない といったはずような瓜江がドナートを見失う

 

 

視線を素早くはしらせる瓜江「(ーどこだ)」

「(ど こ だ ー)」

 

「(なっー)」

 

 

「!!」

手足を封じられた瓜江をそのまま天井におさえられてしまう

 

髭丸を背後からとらえるドナート「ーいい眺めだろう」

 

「…これからお前の部下を解体する ゆっくりと…大胆に」

髭丸「ぐっ…」

ドナート「手も足も出ずに バラバラにされていく様子を貴様はただそこで眺めるだけー」

瓜江「や やめろ….っ」

 

ドナート「私の気持ちを味わえ」

 

「辛いよな 見守るだという立場は」

 

メキメキとした音が周囲にひびく

 

 

髭丸「ひっ あぐ グッ」

 

 

「ーああああああああああああああああああああああああああああッッッ」

 

ぼちい

 

 

左腕を失い更なる声をあげる髭丸

瓜江「ー」

ドナート「F××k」

 

 

「ーはははー」

 

 

カネキ「月山さんー」

場面はまだまだピエロとの戦闘を続けるカネキらのところへ

片腕の腕時計をかざす月山「 」

とどうやら あれから20分は経ったといった様子

 

カネキ「(想定よりも迅速にピエロを掃討できた)」

「(このまま何も起きなければラボに…ー)」

 

 

 

すんでで回避するカネキ「ー!!」

 

白スーツの喰種達「げは!」

*「ぎょあ!」

が 気づけば周囲では次々と黒服らが猛威を振るっている様子

 

黒服「ー”本局特殊捜査官”です」

「喰種の駆逐に参りましたー」

 

 

カネキ「….ー」

驚くような捜査官達「ー”本局”…っ」

*「”特殊捜査官”…?なんだそんなの聞いたことないぞ…」

月山「ー厄介になってきたね」

ニシキ「奴らを焦らせた証拠だろ」

「厄介な連中があらわれたって事はー」

→次のページへ