【ネタバレ】暗さつ教室 177 感想【注意】

第177話 卒業の時間

 

全員でころせんせーを押さえるE組

ころせんせー「これが最後の出欠確認です、全員が返事できたら◯して良し!!では…呼びます」

鼓動が高鳴っている生徒達

 

ころせんせー「…っとその前に、先に先生方に挨拶しておかなくては」

がくっとくる生徒達

ころせんせー「イリーナ先生、参加しなくていいんですか?賞金獲得のチャンスなのに」

ビッチ「…私はもう充分もらった ガキ共からも…あんたからも 沢山の絆と経験を

この暗さつは…あんたとガキ共の絆だわ」

ニコっと笑みを見せるころせんせー

ころせんせー「…そして烏間先生 あなたこそが生徒達をこんなに成長させてくれた

これからも…彼等の相談に乗ってあげて下さい」

烏間「…ああ お前には散々苦労させられたがこの1年は一生忘れることはない

さよならだ …ころせんせー」

ころせんせー「…ええ

…おまたせしました…では皆さん、出欠を取ります

ま、まさか早退した人いませんよね?このタイミングで返事なかったら先生自◯しますからね」

一同「早よ呼べ!!」

ころせんせーの弱点㊴肝心な時に段取りが悪い

ころせんせー「…ではカルマ君」

カルマ「…はい」

みんなの出欠をとっていくころせんせー…

 

…若き暗さつ者達よ

今から1つの命を刈り取る君達は

きっと誰より命の価値を知っている

沢山学び 悩み 考えたはずだから

私の命に価値を与えてくれたのは君達だ

君達を育むことで 君達が私を育んでくれた

だから

どうか今

最高の◯意で収穫して欲しい

この28人の未来への糧になれたなら…

◯ぬほどうれしい事だから

幸あれ

旅立つ者から旅立つ者へ…

命まるごとのエールを!!

 

ころせんせー「本当に…本当に楽しい1年でした

皆さんに暗さつされて…先生は幸せです」

 

ネクタイの中心にナイフを当てる渚

「(心臓に狙いを定める もう…◯(や)らなくちゃいけない時間だ)」

胸の鼓動が大きくなる生徒達

渚「(クラス全員に今までの記憶が走馬灯のように巡り巡る…震えが 震えが)」

手の震えが止まらない渚…

 

as177-1

追い詰められたような顔でナイフを振り上げる

渚「ぅわあぁあぁあぁああっ」

 

as177-2

細い触手を渚の首もとに当てるころせんせー

落ち着いていく渚の鼓動

ころせんせー「そんな気持ちで◯してはいけません 落ちついて 笑顔で」

涙が溢れる渚

巡り巡る思い出は止まらない…

 

as177-3

顔を上げて笑顔で言う渚「さようなら ころせんせー」

ころせんせー「はい さようなら」

渚「(…余計な言葉はもう口に出さなかった

感謝、惜別 全ての気持ちを刃に込めて

魂を注ぐように 全身で “礼” をするように

 

as177-4

僕はナイフを差し出した

 

as177-5

“卒業おめでとう” 最後にそう言った気がした)」

消えてゆくころせんせー

渚「(ころせんせーの全身が

眩しく 優しく弾けた

光の粒子になって

僕等の握った手から

…消えていった)」

 

as177-6

渚「うっ…うっ…うあぁあぁああぁあぁああぁ〜」

涙を流す生徒達…

 

as177-7

渚「(間もなく12時になる 椚ヶ丘中学校、卒業の日

一足先に僕等は…暗さつ教室を卒業した)」

次回、暗さつ教室 178 へ!!

 

※以下感想です※

前回…ついに最終回へのカウントダウンが開始されました…

完結も近いですが今回はカラー&大増29ページでお届けです

まあ…泣くつもりはありませんでしたがやっぱり泣いてしまいました…涙

出欠を取っていくシーンのころせんせーのみんなへの贈る言葉のところがヤバかったです

それと「さようなら ころせんせー」「はい さようなら」…の坦々とした感じが

普段学校が終わって先生にさよならの挨拶をする感じで…なんか良かったです涙

そう…あくまで「教室」なんだよなぁ…ということも改めて感じました

あとは地味に烏間先生が初めて名前を呼んだところもググッとこみ上げてきました!!

出欠をとるシーンのそれぞれの表情や、巡り巡る思い出、消えてゆくころせんせー、涙する生徒たち…

本誌をぜひ読んで涙してください!!

あと残すこと3回…180話で終わっちゃうんですね…

最新記事を即お知らせ