【ネタバレ】暗さつ教室 173 感想【注意】

第173話 私の生徒の時間

 

柳沢の指示で生徒達に攻撃を向ける二代目しに神

生徒達を守るべく、ころせんせーが間に走る

物凄い衝撃が周囲にも…

 

渚「(今の攻撃で “僕等には” ダメージは無かった

それはつまり、二代目しに神の全力の一撃を全てころせんせーが…)」

 

as173-1

ボロボロのころせんせー

生徒達「ころせんせー!!」

柳沢「教師の鑑だなモルモット!!自分1人なら逃げれるだろうこの強撃を…生徒を守る為に正面から受けるとは!!

さぁ二代目、次だ!!」

生徒達の横に高速で移動する二代目、振り上げたその腕には電気(?)が走っている

三村「あ…」

再びころせんせーが正面から防ぐ

柳沢「次!!」

3発目も防ぐころせんせー、口からちを吐く

柳沢「ターゲットと生徒が一緒にいれば…こうなるのは当然の答えだ

不正解だったんだよ 今夜ここに入ってきたお前等の選択はな」

ショックを受けた感じの表情の生徒達

銃を向ける烏間「やめろ柳沢!!これ以上生徒を巻き添えにするな!!さもなくば…」

片手で吹っ飛ばされる烏間

柳沢「黙って見てろ国家の犬 お前はもう俺にすら勝てはしない」

あばら辺りを押さえて膝をついている烏間「…く…」

渚「(…ずっと…気付いていた 気付いてたけど…目を逸らしてた)」

柳沢「どんな気分だ!?だ〜い好きな先生の足手まといになって絶望する生徒を見るのは!!

わかったか、お前の最大の弱点はな…」

渚「(ころせんせーの最大の弱点 それは…僕等)」

渚がそう思いかけた所でころせんせーが大きく強い声を出す

ころせんせー「なわきゃないでしょう!!

正解か不正解かなど問題じゃない!!彼等は命がけで私を救おうとし!!恐ろしい強敵を倒してまでここに会いに来てくれた!!

その過程が!!その心が教師にとって最も嬉しい贈り物だ!!

 

as173-2

弱点でも足手まといでもない!!生徒です!!全員が…私の誇れる生徒達です!!」

照れたり嬉し涙を流したり、色んな表情の生徒達

二代目の腕を掴んで放さないころせんせー「…っそれに…生徒を守るのは…教師の当たり前の義務ですから…!!」

柳沢「そうかそうか だがな、その義務も我々の手で否定される

お前は間も無く力尽き…そこまでして守った生徒も…俺の手で全員なぶり◯す

お前が我々の人生を破壊してまで手に入れた1年 その全てが無駄だったと否定してやる それでようやく…我々の復讐は完成する

では続けるぞ ちゃんと守れよ、可愛い生徒を」

その時、二代目しに神に一発の弾丸が飛んでくる

かわす二代目

ころせんせー「な…」

カルマ「(バカ!!)」

渚「(なんで…)」

撃ったのは茅野「逃げてころせんせー!!時間稼ぐからどっか隠れて回復を!!」

ころせんせー「(茅野さん!?)」

茅野は銃を捨て対先生用ナイフを構えている

茅野に攻撃する二代目

 

as173-3

ギリギリのところでかわしてナイフの切っ先を触手に当てる茅野

柳沢「ほう さすがは元・触手持ち 動体視力が残っていたか」

ころせんせー「よすんです茅野さん!!」

茅野「…ずっと後悔してた 私のせいで皆が真実を知っちゃった事、クラスの楽しい時間を奪っちゃった事

…だからせめて…守らせて 先生の生徒として」

ころせんせー「君の行動は正しかったんです!!あのおかげで皆が本当に大事な事を学べたのだから!!ぐふっ」

吹き飛ばされるころせんせー

 

as173-4

指示を出す柳沢「二代目」

二代目に向っていく茅野「(心配しないでころせんせー ◯(や)ればできる そう教えてくれたのは…お姉ちゃんと先生だから)」

 

as173-5

胸を貫かれる茅野

柳沢「はははははははははは!!姉妹そろって俺の前で◯にやがった!!本当に迷惑な奴等だな!!

姉の代用品として飼ってやってもよかったが…あいにく穴の開いたアバズレには興味なくてね」

 

as173-6

全身が黒く染まってゆくころせんせー

次回、暗さつ教室 174 へ!!

 

※以下感想です※

前回の最後、二代目しに神の攻撃の矛先を生徒たちにする…という作戦を始めた柳沢…

もちろんころせんせーはその身を挺して生徒たちを守りました

真正面から計3発喰らい、さすがのころせんせーも吐けつするほどのダメージ…

そこで出てきた茅野が…茅野が…茅野ーー!!

こんな展開も遠からず来るんだろうなぁ…とは軽く思っていましたがまさか今回だとは…

今回もころせんせーが強く明るい前向きな言葉を言ってくれましたしまだまだこれからかなぁ…なんて甘い考えでした

しかし茅野…ダメージが積み重なったころせんせーの回復の時間を稼ごうとした…それはとてもわかりますが…

二代目に立ち向かっていくなんて…ちょっと無謀すぎ…ですよね…

やればできる…それをころせんせーと姉に見せたかったんでしょうけど…ね…

とりあえず茅野は胸を貫かれ大量のちが吹き出しましたが…容体が気になります、正直即◯もんの一撃ですけど…

そしてド怒りを超えたころせんせー…

あの時のように◯意に取り憑かれたような姿へと変貌するんでしょうか…