【ネタバレ】暗さつ教室 169 感想【注意】

第169話 登校の時間

 

校舎から出て夜空の下、生徒達の事を想うころせんせー

E組は傭兵達を次々と倒して校舎へと近づいていったが…

目の前にはホウジョウが立ちはだかる

 

眼鏡に手をかけるホウジョウ「(ガキの頃から…眼鏡を外すのが戦闘開始のスイッチだった

1秒足らずのその儀式(ルーティーン)が私の蛮性を解き放ち、千倍の敵も本能のままに蹂躙できた ここでも…やる事は同じだ)」

その時、ホウジョウの正面と背後から麻酔針を発射して狙うが…

それをいとも簡単に指で掴んで止めるホウジョウ「…麻酔針か 私の部下の実弾ライフルを使いたまえ、それが無いと互角にもならんぞ」

千葉と速水「…!」

再び眼鏡に手をかけるホウジョウ「…では行くぞ」

次はカルマが斜め後ろから攻撃に出る

かわして遠くに吹っ飛ばすホウジョウ「フン…小賢しい」

余裕の表情で三度眼鏡に手をかけようとするホウジョウ

そこに石が飛んでくる

 

as169-1

かわしたホウジョウは飛んできた方向を見る

投げた杉野の後ろにはライトを持っている神崎

腕で目を覆うホウジョウ

その瞬間に正面から4人が攻撃に出る

スタンガン、木の棒、投石など様々な攻撃をする

全ての攻撃に対処するホウジョウ「(こ…こいつら)」

攻撃をしたらすぐさま引き、次は背後から攻撃を仕掛けるE組

ホウジョウ「(俺に戦いを…始めさせない気か!!)」

 

as169-2

次々と攻撃するE組

カルマ「一撃離脱ね 牢屋でみっちり予習ったように」

渚「(烏間先生の3倍強いのなら…逃げても必ず追いつかれる 戦いに入れば必ず負ける!!

本物の銃に頼らないのは…銃撃 “戦” すら避ける為だ 同士撃ちを誘う技術も多分持ってる

撃ち合いにでも持ち込まれたら圧倒的に相手の土俵だ 警戒を怠らず皆で連携してチャンスを待ち、標的の体勢が整う前にカタをつける

1年間ずっところせんせー相手にやってきた事 ころしやの基本だ!!)」

息をつく暇もなく続けられる攻撃に対処しているホウジョウだったが…

右手に持った銃を蹴られて手放してしまう

そこで竹林が軽い爆発を起こす、その方を向いたホウジョウ

逆にいる律ドローンから放たれた麻酔針(?)がホウジョウの首筋にささる

すぐさま抜くホウジョウ「チッ」

飛んできた方を見るホウジョウ、しかしそこには誰もおらず再び逆方向を見る

 

as169-3

するとそこには足で木にぶらさがった渚、クラップスタナーを決める

よろめくホウジョウの頭を掴み、ホウジョウの背中側へと体を回す渚「カルマっ!!」

 

as169-4

上からは高く飛んだカルマのかかと落とし、下からは延髄に両膝を入れる渚

倒れるホウジョウ

ハイタッチをする渚とカルマ

茅野「ちょっ…まだ動いてる!!」

渚とカルマ「!!」

倒れたホウジョウに一斉に攻撃する一同

寺坂「ちゃんとトドメ刺せクソッタレ!!カッコつけてハイタッチとかしてんじゃねー!!」

ちょっと赤くなる渚とカルマ

 

ホウジョウをぐるぐるに拘束し終える

磯貝「よし行くぞ!!バリアの中さえ入ってしまえばころせんせーの勢力圏だ!!」

ホウジョウ「…」

不破「…まだ意識あるよこの人」

木村「フルコース喰らったのに化け物すぎんぞ」

菅谷「まともにやってたらゾッとするわ …てことでわりーなオッサン、これが俺等のいつもの◯り方なんだわ」

そう言ってホウジョウの口元を拭ってあげる菅谷「おっとメガネズレてるぜ」

校舎に向かう一同

ホウジョウ「(実弾銃を使って来なかったが故に…俺は彼等を○すかどうかの判断がつかなかった そうこうするうちに…行動の選択肢をどんどん奪われた

 

as169-5

最後まで…戦闘のスイッチを入れさせなかった 最後まで俺に本気を出させなかった

捕まっている間にあらゆる考えを尽くしたのだろう …これがアサシン集団3年E組か)」

 

バリアの中に入っていく一同

ころせんせー「音だけでも…恐ろしい強敵を仕留めたのがわかりました 成長しましたね、皆さん」

駆け寄る一同「ころせんせー!!」

 

as169-6

 

兵「生徒達が…囲みを突破しバリアの中に入ったそうです」

烏間「…上から話は通してあるな 俺達も校舎へ行く必要がある」

校舎へと向かう烏間とビッチ

兵「お…お気をつけて…」

烏間「(もう俺1人ではあの28人に太刀打ちできないな …生徒の成長とは嬉しくも悔しいもんだ)」

 

…同じ頃

バリアの一隅が一瞬開いてすぐ閉じた事に…誰も気付いていなかった

バリアがあっては通れない何者かが…侵入して来た事に

 

as169-7

…レーザー発射まで

ころせんせーの暗さつ期限まで…あと90分

次回、暗さつ教室 170 へ!!

 

※以下感想です※

前回…E組が一流であろう傭兵集団を圧倒して、個人的にはかなり驚きました…

そして順調に歩を進める一同の前にホウジョウ…!!という良いところで終わり、今回を待ちわびていましたが…

まさかのホウジョウ…1話で終了…!!しかも…ほぼ良いところ無しで!!

まあ麻酔針を掴んだり、大人数の連続攻撃にあれだけ対応できていたのは普通にスゴイんでしょうけど…

これは生徒たちの作戦勝ちって感じですね

多対一なのでまあ仕方ないんでしょうけど、なんかあっち向いたりこっち向いたりのホウジョウが少し滑稽にも感じました

あっさり感は拭えませんが、油断とかでやられた傭兵たちよりは全然マシだったんじゃないでしょうか…

そして無事校舎に到着し、ころせんせーと会うことができたE組ですが…

来ました柳沢と二代目しに神!!

二代目もバリアの中に入れないじゃん!!…と軽く思っていましたが…さすが柳沢ってところでしょうか…

レーザー発射、そして暗さつ期限まであと90分…!!

烏間とビッチも校舎へ向かい出しましたし、これからどうなるのか楽しみですね

バケモノと化した二代目にはころせんせーしか対抗することができないでしょうし…

生徒たちはどう動くのか…