【ネタバレ】史上最強の弟子ケンイチ 577 感想【注意】

弟子VS.達人

谷本「そっちへいったぞフレイヤ!」

久賀「ああ、まかせろ!」

武田「だいぶ形勢が逆転してきたじゃない~!!」

レイチェル「私が一番前で~す!!」

一丸となり武器組を圧倒してる新白連合とヨミの弟子たち

しかし武器組も本気をだしたのか、陣形を組んで統率された動きへと変化する

 

千影「(この気あたり…..)」

谷本「!!いる!!マスタークラスが2人!直ぐそばにいるぞ!!」

姿を表す二人の男

谷本「くっ…..闇の達人だ!!月牙鏟の陳宗岳とジャマダハルのオルタル・シン!!」

 

オルタル「嫌な仕事だが、君たちは見つけ次第○すように言われている」

陳「ボウヤたち、これはという武器でね、後ろがスコップになているのだよ、これでね….」

ドドドドド!!

「!!」

IMG_7927

「なんだこの穴!?」

瞬時に各人の後ろに穴を掘ってしまう陳

陳「こうやって穴を掘る ボウヤたちの墓穴だ 供養は拙僧がする安心して逝けい」

谷本「くっ…(やはり、次元が違いすぎる!!)」

レイチェル「ふふ、こうなっては○は避けられないわね」

ふふ オーディエンスがいたら、完璧な散り際だったのにね~♡」

指をさす武田「なーにいってんだい!そんなに簡単に諦めるな!」

「我が師達は今も戦っているんだ、あの山の無効で!僕らが先に諦めてどうする!!」

暁「本陣は向こうですよ、武田さん」

谷本「ふっ….」

レイチェル「たしかにね!」

ボリス「ハラショーな闘志だ!!」

再び活気づく弟子たち

千影はファミレスの礼だといい宇喜田達を護る

武田「力を合わせるんだ!!それしかない!!」

 

「では、私達の力も合わせてくれ」

 

「!!」

「制空圏発動!!」

「虎撲烈波!!」

颯爽と現れ敵をなぎ倒す朝宮と連華たち4人

朝宮「加勢に来たぞ、諸君」

連華「よ~し さっさと片付けて、兼一のとこいくわよ!!」

 

先頭の最中、目を覚ますキサラ

宇喜田「キサラ、お前生きていたのか!?」

キサラ「いって~…..あたり前だ!!」

手甲をもらった日にしぐれから渡されたくさりかたびらのお陰といいながらはだけて見せるキサラ

乳◯が透けている

鼻血がでる宇喜田「はうぅ!!」

キサラ「何見てやがる!!」

ズバ!!

宇喜田へのキサラの蹴りをを逸らす千影「グラサンはずっとお前を守っていたんだぞ!!?けるなら敵にしろ!」

はっとするキサラ

千影「結構偉いんだぞ」

キサラ「わかったよ!!借りはそのうち返すよ!!」

千影「うむ」

 

朝宮「マスタークラスが二人….か」

皆に指示を出し、自らは谷本と吉川の人で陳との戦いに臨む

陳「子供3人で拙僧の相手をする気か?達人を知らんとみえる」

朝宮「ではこちらも聞くが….あなたの長い達人の日々で….こんな技を….知っているか?」

陳「!!」

朝宮「静動轟一!!!」

 

IMG_7928

「(生きてろよ!!兼ちゃん!!)」

次回、史上最強の弟子ケンイチ第578話へ!

 

※以下感想です※

まさかの達人二人も登場し大ピンチの新白連合たちですが…..

お陰様で?なにやら絆は深まっているようです…..

しかしやはり見た目がどうあれ達人級と弟子で次元が違うようで

龍斗達が駆けつけてくれてもやはり危ないのでしょうか….

確かにフォルトナさんの時のように油断が過ぎなければ

達人が弟子に負けてしまうのもなにか寂しく感じますし….

いくら静動轟一をほぼマスターした?龍斗(と二人)が相手とはいえ

陳さんには達人の威厳をみせて欲しい気もします….

そして宇喜田擁護派にとなってくれた千影の影響で

一気にキサラと宇喜田の進展もあり?でしょうか…