【ネタバレ】史上最強の弟子ケンイチ 576 感想【注意】

暗鶚の闇

冒頭 あの静羽の部下の若者二人と話す砕牙

*「砕牙度殿の読み通りこのアジトも伝統継承派の襲撃がありました!」

**「幸い、我ら解放派の女子供は命令通り避難させており無事です!!」

暗鶚最強の男穿彗と共に戦っていてくれている砕牙を信頼を寄せている様子の二人

「風林寺砕牙殿! 我らの命!あなたに!!」

砕牙「そうか….」

ズッ!!

二人をてにかける砕牙

砕牙「すまぬが、その命さっそくつかわせてもらう」

 

「なに?我らの中に裏切り者が!?」

その後も砕牙のは襲撃を繰り返した結果

砕牙や静羽達(赤子の美羽を抱いている)の元へもその報告が入る

見た目や身のこなしが砕牙殿に似ていたとの情報があるという部下

静羽「継承派のワナです!!」

*「わたしはわかっております!!しかし….」

砕牙「私が….一影九拳に属していることが不信の種か?」

「一影九拳とは不可侵条約の集まりのようなもの 他の組織を攻める意味は無い

私は武を能動的な平和の手段にのみ活かしたいと思っている」

しかしそれも承知で感謝もしているが一影九拳が暗鶚を乗っ取るために砕牙をよこしたのでは

という噂も出ているという

しばらくは誰も私を信用するな、早く偽物をとらえてくれとう砕牙

 

穿彗「解放派の手練9人、ことごとく始末しました」

*「さすが穿彗じゃここにきて、苦楽を共にしてきた仲間を損切り出来るとはな」

継承派の長老たちと密会をする穿彗

継承派との和解をかなえたくば、この調子で約束を果たせという長老たち

更には事が終わればいつかは暗鶚の長老として迎え入れてやろうという

穿彗「それはどうでもいいのです 私は、ただ今の状態から….もっとも犠牲の少ない収拾の道をとっただけ…..」

ならば暗鶚の最良筋のもう一人である静羽とその子を始末しろという長老達

 

静羽「鶚穿ち!!」

雪が降る中 継承派から襲撃を受けている静羽と数人の部下達

砕牙や穿彗はいない様子

静羽「今日の敵は妙に統率がとれています!一体誰が指揮をとっているのかしら!?」

*「静葉様、例の手紙は風林寺の義父の元へ届くよう、手はずしました!」

数に勝る継承派相手に部下たちも倒れ、追い詰められる静葉達

僅かな部下に自分だけでも逃げるように促されつつも

娘には仲間を捨てるような子になって欲しくないと戦い続ける静葉

 

砕牙「無事か静葉!?」

そこへ間一髪現れ危機を救う砕牙

静葉「あ….あなた!!」

静葉を抱きとめる砕牙

 

 

次の瞬間 砕牙の手刀が静葉を貫く

倒れ際に静葉の手が砕牙の顔に伸び変装の一部を剥ぎ取る

その下に見える穿彗の顔

 

砕牙「ずっと…信じ続け留守を預けたお前が…..まさか妻のかたきそのものだったとは!!」

要塞の壁をも破壊しながら戦い続ける二人

穿彗「だが、お前は言っていたじゃないか”より多き者のための小さな犠牲がある”と

お前には出来ぬことだから….私がやった!!」

砕牙「お前を信じていたのに….皆も、私も…..! そして静葉も!!」

しかしあの取引のお陰で暗鶚は再びひとつとなり多くのものが○なずに済んだ、後悔はないという穿彗

彗星「そして世界が今 我らに開かれる…..これこそが真の解放! そう、戦いの中にのみ我々の解放はあったのだ!!」

 

ミサイル発射まで残り2分

砕牙「私は命を数で割り切れはしない ただ….」

「穿彗、今、お前に言えることは一つ」

「心歪みし者にこの世界は渡さん!! この一撃で全てを終わらせよう!!」

穿彗「ああ….友よ….終わりにしよう!!」

「鳳凰真滅蹴り!!」

砕牙「風林寺神鏖し!!」

 

IMG_7924

次回、史上最強の弟子ケンイチ第577話へ!

 

※以下感想です※

砕牙や静葉達の過去編でしたが….

どうせならもう少し尺をとって丁寧描写してくれてもよかったのかなと思いました…..

というのも、まだ穿彗が静葉達をてにかけたのはわかりますが

なぜ美羽は見逃してくれたのかが少し ?でした

暗鶚の長老達には美羽も始末したものとしてウソの報告をしたとするならば

静葉もそのようにしてもよかったのではと…..

確かにそれだといずれ長老達にバレてしまって後々再び争いが起こってしまうという可能性も残してしまいますが….

今回のお話が冗長化しないようにテンポよくしたのかも知れませんが

個人的には長年気になってきたポイントでしたので決着後でもいいので

もう少し描写していただきだいですね……

今週のバードメンとだがしかしも面白かったです….

最新記事を即お知らせ