【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 133 感想【注意】

No.133 追え切島

 

撃たれた天喰だったが…

ムク…とすぐに立ち上がる「思ったより痛くない…!!」

切島「先輩!!大丈夫なんスか!?かっけえ!!」

群衆の中から紛れて撃った男「何やこのポンコツはあー!!」

 

天喰「タコで捕まえる…」

しかし…

 

天喰「(発動できない!?)」

走り出す切島

男「来なボゲェ!!」

ファットガム「待て早まんな!下手に追うと噛まれるぞ!

サンイーター、無事ならここ任すぞ!すぐ他のヒーローが来る、協力しろ!」

天喰「無事だけど発動しない!」

ファットガム「…!?イレイザーでもおんのか!?」

 

男を追いかける切島

男「来んなあ!!追わんといてや!!」

切島「そっちが逃げんなァ!せめてなァ!!仲間助ける姿勢貫けよ!!」

男「どこにキレとんねん!!」

切島「人撃っといて自分だけビビって逃げるなんて漢らしくねえよ!!」

周りの店から顔を出す人達「お!?何!?」

切島「行き止まりだ!!観念しろォ!!」

男「やかっましィ!!」

個性で腕から刃物を生やして攻撃する男

切島は硬化でくらわないので防御もせず、腕を振りかぶり…

 

殴る切島「烈怒交吽咤(レッドカウンター)!!

加減はした!おとなしく捕まろうぜ、テッポー野郎!」

倒れた男「ウッ うっ う…」

切島「え…泣いてる?」

めそめそと泣き始める男「ズルやで…こちとら “刃渡り10cm以下の刃がとびでる” やぞ カッターナイフと同じくらいやぞ…ズルやん

そらアニキら助けたいわアホンダラ!でも怖いやん…!!むしろ撃った勇気ほめろや…!」

切島「やだよ!つーかそんなベソかいて怖いとか言うなら悪ィ事に加担すんなよ!」

男「強い男に…なりたかったんや…」

手を貸す切島「立てるか?」

 

男「強い人らとおれば強くなれるから」

切島「…その気持ちはわかるけどよ…」

 

男「アニキらについていけば…力を貰えるんや ヒーローなれる奴が軽率にわかるとか言わんといてや…」

袖から出した注射を首に射した男「あぁあぁあ」

切島「何してんだ!?何打った!?オイ!大丈夫かよ!?」

クラ…とする男「あ…」

 

男の体から長い刃が四方八方に飛び出てくる

 

場面は天喰の方へ

警察「おかげさまで助かりました!こいつらは違法薬物や裏アイテムの売人チームで、我々も機会うかがってたんです」

天喰「…俺の “個性” が発動できないのは じゃあ… “商品” の1つか…?」

男「…◯ねボケカス」

壁に顔を向ける天喰

警察「まァ後は我々に任しといて下さい」

天喰「(切島くん…ファット…嫌な予感がする…)」

 

場面は切島へ戻る

切島「(急にパワーアップしやがった…!ニュースで見たことある… “個性” をブーストするっつう薬物

こんなの大通りに出したら惨劇じゃ済まねえぞ…!! “ここ” でケリつける!!)

皆さん下がって!!こいつの刃が届かないところまで…」

次の瞬間…切島へと向かってくる刃…

 

吹き飛ばされる切島「(切れた…!!こいつ!俺の硬度以上に…これじゃ近付けねえ!)」

男「慢心したなァ、ガキコラぁ!!偉そうに正義ごっこしとるからや!!アニキらが言うとったで!ヒーローの時代はもうじき崩れるってなァ!!

次は俺達みたいな日陰者の時代言うとったわ!なんかめっちゃハイになってきたわ!!どけガキ!!今ならお前の言う通り…アニキら助けられそうや!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ