【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 132 感想【注意】

No.132 計画

 

し穢八斎會所有地の地下…

そこを訪れたし柄木「さっ風景な事務所だな」

オーバーホール「ゴチャついたレイアウトは好みじゃないんだ」

し柄木「地下をグルグル30分は歩かされた 蟻になった気分だ!どうなってるんだヤクザの家ってのは」

オーバーホール「誰がどこで見てるか分からないし、客が何を考えているかも分からない

地下からのルートをいくつか繋げてある、この応接間も地下の隠し部屋にあたる」

 

本部長のミミック「ウチが今日まで生き残ってるのも、こういうせせこまさの賜物さ

でだ!先日の電話の件、本当なんだろうね 条件次第でウチに与するというのは」

ソファに座り、足を机に乗せるし柄木「都合の良い解釈をするな

そっちは俺達(ヴィラン連合)の名が欲しい、俺達は勢力を拡大したい お互いニーズは合致しているワケだろ」

オーバーホール「足を下ろせ、汚れる」

し柄木「 “下ろしてくれないか?” と言えよ、若頭 本来、頭を下げる立場だろ

まず “傘下” にはならん 俺達は俺達の好きなように動く 五分…いわゆる提携って形なら協力してやるよ」

オーバーホール「それが条件か」

し柄木「もう1つ、お前の言っていた “計画” …その内容を聞かせろ 自然な条件だ

名を貸すメリットがあるのか検討したい 尤も…」

話しながら手を懐に入れるし柄木…

次の瞬間…

 

クロノスタシス「調子に乗るなよ」

後ろにいた若頭補佐のクロノスタシスが銃を突きつけ、ミミックが小さな体から太い腕を出し…頭を押さえつける

 

クロノスタシス「自由過ぎるでしょう色々」

ミミック「さっきから何様だチンピラがあ!!」

し柄木「そっちが何様だ?ザコヤクザの使い捨て前提肉壁と “こっち” のオカマ、その命は等価値じゃないぞ

プラス腕1本分だ 多少は譲歩してくれなきゃ割に合わない」

オーバーホール「クロノ、ミミック下がれ 折角前向きに検討してくれて来たんだ 最後まで聞こう、話の途中だった」

 

懐から先端の尖った小さい物を取り出して見せるし柄木「こいつが関係してんだろ」

 

場面は関西地方の江州羽市

 

BMIヒーローのファットガム「最近チンピラやらチーマーやらのイザコザが多くてなァア!!腹が減ってしゃアないわ!!

せやからここらのヒーロー事務所も武闘派欲しがっとんねん レッドライオット君、適材やで」

切島「よろしくお願いします!!フォースカインドさんが受け付けてなかったんで、拾ってもらってありがてーっス!!」

天喰(サンイーター)「ミリオの都合がついていれば…君、グイグイ来て恐ろしかった」

 

ファットガム「環はそのヘボメンタルどうにかなれば逸材やのにな!!」

グサッ…とくる天喰「そのプレッシャーが俺を更なる低みへ導く

いつもこうなんだ!この人は俺をいたぶる為スカウトしたんだ!パワハラさ!帰りたい!」

切島「激励くれてるんじゃないっスかね!俺はそう聞こえる」

タコ焼き屋「ファットォ!!ウチの食えや!」

天喰「君やミリオのように明るく前向きにはなれない」

切島「クラスの連中と実力も経験値も開いちまって…だからせめて並び立てるよう、差を埋めたいんス!!」

天喰「それを前向きと言うんだよ、1年生!」

その時…

「ケンカだあ!!誰かァ!!」

ファットガム「噂をすれば!」

*「バカがウチのシマで勝手に商売始めやがって!!」

逃げるように走っている数人の男達「っちくしょう、ついてねえ!!」「折角これから一旗あげようって時に!!」

「一旦バラけるぞ!!」「おう!!」

しかし…

 

真正面で受け止めるファットガム「させへん!!」

男達「ファットや!!あかん沈む…!!」

ファットガム「沈ませ屋さんのファットさんや」

しかし1人の男が紙のようになって逃げる

ファットガム「って何や、エッジと個性被っとるでお前!!」

しかし…

 

そいつを捕える蛸の足

男「!? 何じゃこのタコォー!?」

それは天喰の右手の指が蛸の足に変化したもの

天喰「酷い言い方を…!」

切島「違うよセンパイ、見た目の話!!悪口じゃないっス!」

天喰は捕えたその男を引き寄せ…

貝のような左手で殴る

倒れる男「タコやないんかい…ワレ…」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ