【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 130 感想【注意】

No.130 聞け真相

 

張り込んでいるサーとバブルガール

バブルガール「しっかしまー弱小とは言え、さすが生き残った極道ですね 塀は高くて窓は少なくて…良い家住んでますわ」

サー「マークから1週間半…いつもより人の出入りが無い」

その時、電話がかかってくる

電話に出たバブルガール「え!?ミリオン…治崎と接触したらしいです…!」

 

合流した2組

ミリオ「すみません!事故りました!まさかあんな転校生と四つ角でバッタリみたいな感じになるとは…」

サー「いや、これは私の失態 事前にお前達を “見て” いれば防げた」

バブルガール「とりあえず無事で良かったよ!下手に動いて怪しまれたら危なかったかも」

デク「そんな恐ろしい感じには…」

サー「先日、強盗団が逃走中 人を巻き込むトラック事故を起こした

巻き込まれたのは治崎ら八斎會 だが◯傷者は “ゼロ” だった」

デク「?」

サー「強盗団の連中は “激痛を感じ、気を失った” が、何故か傷一つなく どころか持病のリウマチや虫歯など一切キレイに治っていたそうだ

治崎の “個性” だと思われるが、結果的に怪我人ゼロのヴィラン逮捕となった為 特に罪には問われなかった」

バブルガール「でも奪われたお金だけはキレイに燃えて無くなっちゃったんだって

警察は事件性なしって結論を出したけど どう考えても怪しいってことで、ナイトアイ事務所は本格マークを始めたの

何考えてるか分かんないけどヤるヤる奴ってこと」

ミリオ「あ、そうだ!サー!!ケガの功名というか…新しい情報を得ましたよね!治崎には娘がいます!」

サー「娘…?」

デク「エリちゃんと呼ばれてました 手足に包帯を巻かれていました…

とても怯えていた 何もわからないけど…助けを求めてた…!どうにか保護してあげられていたら…」

 

サー「傲慢な考えをするんじゃあない」

ビクッ…とするデク「…そんな…」

サー「事を急いては仕損じる 焦って追えば益々逃げられる 救けたい時に救けられる程、貴様は特別じゃない

現在こちらも他事務所とのチームアップを要請中だ

 

まず相手が何をしたいか予測し、分析を重ねた上で万全の準備を整えなければならない 志だけで救けられる程、世の中甘くはない

真に賢しいヴィランは闇に潜む 時間をかけねばならない時もあると心得ろ

今日のところは2人共事務所へ戻っていろ、バブル行くぞ」

バブルガール「あっ、はい!」

 

デク「(大きなシコリを残して…僕のインターン初日はあっという間に終わってしまった)」

 

週は明けて…朝

登校する一同

 

顔に絆創膏を貼っている爆豪

芦戸「バクゴーどったのアレ、またケンカ?」

上鳴「女子は見てねえのか、轟も見てみ」

轟も顔に絆創膏を貼っている

芦戸「ひょーイケメン台無し!!どうしたのさ!!」

上鳴「仮免講習がスパルタだったみてえだよ」

芦戸「体育会系だねえー!!」

爆豪「コッソコソうるっせんだよ!!」

飯田「授業が始まるぞ!!麗日くんと梅雨ちゃんくんがまだ来てないが!?」

八百万「公欠ですわ、委員長」

耳郎「そっち(男子)も切島いなくね?」

峰田「なァ、緑谷ンターン インターンどうだった!?ドスケベエロコス女ヒーローいたかどうか」

空返事のデク「んあうん」

芦戸「どんくらい行くのー?私も入れてー」

デク「んあうん」

爆豪「俺より一歩先の話するんじゃねえ」

 

デク「(モヤモヤが募っていた 授業は集中を欠いた)」

相澤「両立できないなら止めさすぞ、緑谷」

 

職員室へ向かうデク「(このままじゃよくない!!)」

しかし…

 

ミッドナイト「オールマイトならジョギングよ」

デク「ジョギング?」

ミッドナイト「知らなかった?家庭訪問終わってから、何故か鍛え始めたの 引退したならゆっくりすればいいのにね」

エクトプラズム「何ダソノポーズ」

ミッドナイト「久々だからよ」

→次のページへ