【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 121 感想【注意】

No.121 後期始業式

 

オールマイト「秘密は…本来、私が頭を下げてお願いする事 どこまでも気を遣わせてsまって…すまない」

ヨロ…としながら立ち上がる爆豪「遣ってねぇよ 言いふらすリスクとデメリットがデケェだけだ」

オールマイト「こうなった以上は爆豪少年にも納得いく説明が要る、それが筋だ」

 

デク「(オールマイトはかっちゃんに話した

巨悪に立ち向かう為、代々受け継がれてきた力ということ

その力でNo.1ヒーロー・平和の象徴となったこと

傷を負い、限界を迎えていたこと

そして後継を選んだこと)」

 

爆豪「曝かれりゃ力の所在やらで混乱するって…事か っとに…何でバラしてんだクソデク…」

オールマイト「私が力尽きたのは私の選択だ さっきも言ったが君の責任じゃないよ」

爆豪「…結局…俺のやる事は変わんねえや…」

“俺はあんたをも超えるヒーローになる!” という爆豪の言葉を思い返すオールマイト「うん」

爆豪「ただ今までとは違え、デク

(お前が俺や周りを見て吸収して…強くなったように)

 

俺も全部俺のモンにして上へ行く ”選ばれた” お前よりもな」

デク「じゃっ…じゃあ僕はその上を行く 行かなきゃいけないんだ…!」

イラッ…とする爆豪「だからそのてめェを超えてくっつってんだろが」

デク「いや、だからその上を行かないといけないって話で…」

爆豪「あ”あ”!?」

オールマイト「(以前と違って 真っ当にライバルっぽくなった)」

 

デク「(僕とオールマイトの秘密が 3人の秘密に そして)」

 

医務室で手当てをしてもらった2人は相澤に締め上げられる

相澤「試験終えたその晩にケンカとは元気があって大変よろしい」

オールマイト「相澤くん待って、捕縛待って 原因は私にあるんだよ」

相澤「はい?」

 

2人の所へ行こうとした相澤をオールマイトが止めた時の事…

相澤「また緑谷と爆豪ですよ…演習場で揉めていると…」

オールマイト「ああ、まさにその事だが…あの2人については入学前から知っていて…思うところがある 私に任せてくれないか…?すぐに連れてくるよ」

 

それを思い出した相澤「原因?何です」

ドキッとするデクと爆豪

相澤に小声で耳打ちするオールマイト「爆豪少年は私の引退に負い目を感じていたんだ…そのモヤモヤを抱えたまま試験に臨ませ…

結果、彼の劣等感が爆発した 気付けずメンタルケアを怠った…大人の失態が招いたケンカだったんだ」

相澤「…んん …だからルールを犯しても仕方ない…で済ます事は出来ません 然るべき処罰は下します

先に手ェ出したのは?」

爆豪「俺」

デク「僕もけっこう…ガンガンと…」

相澤「爆豪は4日間!緑谷は3日間の寮内謹慎!その間の寮内共有スペース清掃!朝と晩!!+反省文の提出!!

怪我については痛みが増したり、ひかないようなら保健室へ行け!ただし余程の事でなければ婆さんの “個性” は頼るな

勝手な傷は勝手に治せ!以上、寝ろ!」

 

翌朝…

共有スペースを掃除している2人

芦戸「ケンカして」

葉隠「謹慎〜!?」

みんな「馬鹿じゃん!!」「ナンセンス!」「馬鹿かよ」「骨頂ー」

爆豪「ぐぬぬ…」

麗日「えええ それ仲直りしたの?」

デク「仲直り…っていうものでも…うーん…言語化が難い…」

飯田「よく謹慎で済んだものだ…!!ではこれからの始業式は君ら欠席だな!」

轟「爆豪、仮免の補修どうすんだ」

爆豪「うるせぇ…てめーには関係ねぇだろ」

 

皆は始業式へ

無言で掃除機をかける2人

口を開くデク「…シュートスタイルさ…どうだった…かな…」

爆豪「…」

掃除機の音が鳴り続ける…

爆豪「予備動作がでけえ 速度アップしてもギリ反応出来た、乱打線にゃ向いてねえ」

デク「…そっか」

背を向けたまま言う爆豪「パンチと合わせんのは腹立った」

 

少し嬉しそうな顔をするデク「…そっか…!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ