【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 115 感想【注意】

No.115 アンリーシュド

 

古びたモーテルの窓から街を見下ろす男

その額には縦に傷跡が走っている

 

bha115-1

額傷の男「(大事なのは自分が誰なのかよく知ることだ

満ち足りた顔で勤めやがって…ありゃアダメだ

〈素敵だと思うぜ〉

どいつもこいつもまともな人間ばっかりだ!

何をしてるって? いつもの日課さ

〈特別なことさ〉

俺の1日は1本のアメスピと観察から始まる)」

 

神奈川県神野区の戦いでオールマイトが引退して半月が経過

 

額傷「(テレビもネットも連日不安を煽るだけの井戸端会議を垂れ流す)」

テレビからは宮城の声「しかし現状、我々の生活に大きな変化はないワケじゃないですか?

今後どう変化していくか、具体性をもって追求し 対策を考案していくべきと考えます」

額傷「(お前は違うな、認めてやるよ宮城キャスター

〈認めねえ〉)」

宮城「ひとえにオールマイトという存在が大きくなりすぎた 大き過ぎて見えなくなっていましたよね」

額傷「(一般人にとって大きな変化といえば専らこいつだろう 繰り上げでNo.1の座に就いたヒーロー・エンデヴァー

不安の大部分は今、彼にのしかかっている そりゃそうさ、万人に受けるキャラじゃねえ)」

テレビの街頭インタビューで答える30代の会社員「エンデヴァーも別にダメってワケじゃないと思うんですけどォ どうしてもオールマイトと比べちゃいますよね」

額傷「(彼は一言で表すと荒い 俺から見りゃ凡人が超人のフリしてる

〈超人さ〉

不可抗力で不相応の地位を得たんだ 彼にとっても不幸な話さ

ヒーロー弱体化の象徴となるなんて俺ならまっぴらごめんだ)」

宮城「エンデヴァーは事件解決件数こそ多いものの、激情家で行き過ぎる事も少なくありません

また支持層は20〜40代男性と、オールマイトに比べ大きく偏っているんです

我々としてもこれからは受身でただ守られるのではなく、彼(ヒーロー)を盛り上げてあげないといけないんじゃないですかね

マイナス面を煽るのではなく、どうプラスに運んで行けるかが…」

テレビを消す額傷「行くか…

(弱体化ってのはパワーの話じゃない、宮城はよくわかってる 心の話だ)

〈パワーの話さ〉

うるさい…!黙ってろ…!」

 

街を歩く額傷「( “私が来た” 普通に生きてりゃ心強い だがそうじゃねえ連中には呪いだった

自己に誠実な連中 呪いが解けりゃ当然こうなる)」

 

bha115-2

コンビニのレジを奪って出てくる男「あはははムリ!ムリ!やっちゃったから!もうやっちゃったから!!」

煙草を吸いながら傍観している額傷「(とは言っても… “個性” を持て余した人間に魔が差す…これはいつもの光景だ)」

そこに現れるヒーロー「おのれ昼間っからよくも堂々と!」

額傷「(ここから少し違う光景)」

 

bha155-3

背後から鉄パイプで殴られるヒーロー

更にトラックで待ち構えている2人の男「イエロー!早くしろ!!」「ああバカ!カウンターごと持ってきやがった」

逃走していく4人組「ハッハハハ 残念だったな!ヒーロー!」「俺たちゃ1人じゃあねーんだよ!せーの」「チーム “レザボアドッグス” !よく覚えておけ!!」

 

額傷「(赤信号、皆で渡れば怖くない 徒党を組み、計画的に行動する奴らが目立ち始めた ただ…俺達が探してるのはもっとこう…)」

携帯が鳴って電話に出る額傷「何だよ義爛、元気でやってるか?」

 

bha115-4

義爛「久し振りだな!そっちこそどうなんだ?」

額傷「わからん 俺には俺が元気なのかわからない」

義爛「そうか、難儀だな」

額傷「おい、俺の質問に答えろ お前は元気なのか?」

義爛「ああ元気だよ、忙しすぎて嬉しい悲鳴さ ここ1、2週の間でスーツ・アイテムの闇市場が一気に活性化してる 需要が倍増してね

ヴィラン連合!今じゃバカ共のカリスマだぜ」

額傷「そりゃ良かった

〈良くねえ!!〉

黙ってろ…クソ…! で!?何の用だ、俺も忙しいんだ

〈暇だよ〉」

義爛「荼毘と連絡がつかない お前知らないか? し柄木が一旦集まりたいらしい、改めて連絡行くと思うが」

額傷「〈知ってるぜ〉

知らねえ、勝手に喋るな!」

義爛「…オーケー、だいぶキてるな 無理はするなよ」

通話終了…

額傷「くそ…俺は…俺だ…」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ