【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 111 感想【注意】

No.111 燻りビギニング

 

約3週間前(オールマイト VS オールフォーワンより4日後)

ヒーロー公安委員会本部の一室では仮免取得試験企画会議が行われていた

「ボール当て…?随分遊び感覚というか…大丈夫か?」

 

「本質はそこではなく…混乱状況をつくる事にあります 非常時に能力や思考を素早く正しく働かせられるか」

「…二次も同様か?これだと個々人の能力ではなく団体行動前提のチーム能力審査だよ」

「上(警察庁)からの提唱なんですよ、事実上命令です 免許交付における判断基準要項の改訂

応急処置や傷病診断など救助における個々の基礎知識は有るものと前提した上でその先の協力・協調姿勢に注力した内容を…って」

「協調ね…」

「力も魅力も…全てにおいて一強のオールマイト 彼と2位の間には常に大きな開きがあった…あれ程のカリスマ性を持った人間はそうそう現れないという事だ」

 

二次試験を見つめる目良「( “次の彼” を待つよりも今まで以上に結束を強く意識した “群のヒーロー” で穴を補っていく 今回の提唱はその足掛かりのようなもの…)」

現れた大勢のヴィラン役が攻め込んでくる

常闇「ヴィランだって…!?」

尾白「…見ろ!救護所のすぐ前!!」

芦戸「あんな近くにヴィラン出すなんてイジワル!!」

蛙吹「ここの救助もまだだけど あっちを見て見ぬフリは出来ないわね…」

ヴィランの方を見つめている轟

目良「(この二次試験ではそれぞれの持ち点を設け、減点方式で採点している

HUCが救助行動の正否を審査 そしてそれ以外…例えば自分の “個性” に適したポジショニングをしているかどうか等…

俯瞰的な動きは採点マニュアルと彼ら100名のデータを網羅した我々公安職員100名が各自1名ずつ採点している!!

持ち点が50未満になった者はその時点で不合格!頑張って正しい選択を行って下さい…)」

飛び出していく真堂「皆を避難させろ!奥へ!ヴィランからできるだけ距離をおけ!」

デク「真堂…さん!?」

真堂「インターバル1秒程の震度で畳み掛ける!近付かせない!!」

地面を揺らしてヴィラン達の足止めをする真堂だったが…

その目の前にやってきたギャングオルカ「温い」

 

bha111-1

ギャングオルカの個性 “シャチ” …シャチっぽい事が陸上でもできる!

その内の1つ、超音波アタックで麻痺させられて倒れる真堂

ジョーク「ギャングオルカ…!!ガチかよ…」

相澤「ガチかな…?」

 

救護所の人を背負っていたデクも振り返る

ギャングオルカ「この実力差で殿1人…?なめられたものだ…!」

次の瞬間、横から轟が氷結で攻撃する

 

bha111-2

ギャングオルカは超音波?で氷を砕いて防ぐ

尾白「緑谷!避難か!?手伝う!」

デク「皆!どこにいたの!?」

芦戸「とどろきはやっ!!」

瀬呂「向こうの水辺付近さ!皆、街の方に向かったから手薄なとこにいたんだがヴィランがここらに大挙するのを見て応援に来た!蛙吹らは向こうで救助続行してる」

 

bha111-3

その時、上から強烈な風と共に現れる夜嵐「ふぅきィィイ飛べえええっっ」

轟の氷ごとヴィラン役達を吹き飛ばす夜嵐

轟「風…」

夜嵐「ヴィラン乱入とか!!なかなか熱い展開にしてくれるじゃないっスか!!」

 

 

bha111-4

目が合った2人「ム」

受験者達「雄英入学蹴ったとかいう奴…!」「いいぞ、戦力が集まってる 今のうちに避難を進めよう!」

採点者「(怪我人を集める救護所…いわば救助の要となるこの場を優先させたか なかなか賢明…むしろ!

制圧能力の高い “個性” の夜嵐と轟は相応しい!!GJだ!!)」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ