【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 110 感想【注意】

No.110 続・救助演習

 

夜嵐「士傑高校1年、夜嵐イナサ ヒーロー名… “レップウ” !!救助演習滾るっス!!頑張るぞー!!」

巨大な風を巻き起こす夜嵐

士傑のモサモサ「イナサ!?」

 

風に巻き上げられる赤ちゃんの格好をしたHUC(HELP・US・COMPANY)の人「ほほう “風” …!!

(雑…に見えて人と瓦礫、大きさと形状 それぞれに合わせた無数の風を使っている…信じ難いほど繊細なコントロール…!)

 

bha110-1

だがやっぱ雑!!減点だ!!」

モサモサ「安全確認も怪我人の状態確認もなしに動かすな、事態が悪化するぞ」

赤ちゃんと老人を抱えている夜嵐「そっか!!失礼しました」

士傑生「おいケミィまたいないぞ どうしたんだあいつ」

 

観客席にいる肉倉「初動こそ訓練量や判断力が顕著に表れる…イナサ…通常2人で受ける試験を1年にして嘆願し、そして受理される程その実力確かである

ただ…前傾姿勢が過ぎる 経験と自覚の不足である…」

隣に座っている士傑の先生?「…1人だけ早々に落ちたのわかってます?肉倉くん…」

肉倉「わかっております」

先生「ああそう これを機にちゃんと省みて下さいよ?影響されすぎです」

肉倉「影響?」

先生「ステイン以降わかりやすく出てます」

肉倉「ヴィランの言葉に私が…!?笑止!」

先生「笑止て!いやね、必ずしも悪い事ではありません 奴の原理主義主張とオールマイトの引退を受け…ヒーローの姿勢を正そうと考える人は増えているそうです

ただね…君が今回そうなったように “否定” や “嫌い” を原動力にすると 時に目が曇り、行きすぎてしまうんですよ」

 

受験者「この奥、1人いるが呼びかけ反応ない 暗くて状態が見えねえ」

腕を取り外す(線で繋がれている)受験者「とりあえず脈と呼吸見るよ」

瓦礫をどける受験者「応急処置のスペース作っとく」

瀬呂「慣れてんな…!」

八百万「皆さん!こちらも早く動きましょう!」

瓦礫の奥のHUC「いってぇ…早くしてくれ…!」

八百万「意識はあります!おじいさんです!」

麗日「瓦礫が邪魔だ!浮かしてどかす!」

HUC「(おっとその判断は減点だよ)」

止める八百万「お待ち下さい!周囲をもっとよく見て下さい

壁部に隣の建物が倒れかかり、偶然バランスが保たれている状態ですわ…!うかつに動かすと崩壊する恐れがあります!」

ハッとする麗日「そうか…!いかん…」

 

八百万「壁を支える支柱をつくってから救助を!組むのに時間を要してしまいますが…支える個性の方がいらっしゃれば早いんですけど…」

瀬呂「そこは俺らに任せとけ!カベの補修もしといたぜ」

支柱を組み立てた瀬呂と砂藤

八百万「では…麗日さん!」

奥に入っていく麗日「うん!バランスに作用しない瓦礫をどかして道をつくる!行きます!!」

軽くした瓦礫を入口の砂藤へ投げながら進んでいく麗日

HUC「(完璧ではないけども…中々やるじゃないの このように大規模な被害では要救助者に対し、救助者は不足する

よって出来る限り作業を効率化しなければならない 1人で全てこなそうとすれば却って時間をロスする…

大事なのは己の “個性” が出来る範囲をよく理解し、いかに周囲を役割分担できるか…!

試験という自己アピールの場で役割に徹するのは勇気の要る事…よくわかっているからこそ出来る事

しかし!!まだまだ無駄がある!このままじゃ君らに資格は与えられないよ)」

峰田「オイラ達見てるだけになっちまってるよ!!」

飯田「うむ…!」

障子「既に何人かはそうだが…一次と違い、バラけた方が良さそうだ 少数編成で動こう」

飯田「よし!クラスだけでなく他校ともコミュニケーションを取らねば!より多くの命を救わん!!」

峰田達「っしゃ!!」

青山「暗くて奥が見えないって?僕のキラメキで明るい未来☆」

さっき困っていた受験者「おお、サンキュ!!」

峰田「青山!!お前が真っ先に行くとは!!」

飯田「八百万くん!我々は四散し行動する!」

八百万「了解です!」

麗日「おじいちゃん右足折れてる!瀬呂くんテープを…!」

 

場面は変わって…

崖の下にいる2人のHUC「腕を怪我したの!」「助けてくれ!痛い!」

 

bha110-2

爆豪「うるせえ!!自分で助かれや!!」

またもとりあえずついてきた切島・上鳴とHUC「はああァ!?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ