【ネタバレ】僕のヒーローアカデミア 108 感想【注意】

No.108 RUSH!

 

少し前(通過人数60ちょい時)

物陰に潜んでいる傑物学園の真堂達

真堂「状況を整理し共有しよう 雄英に焦点を絞り、戦力を削ぐべく分散させた 現在俺達は二手に分かれ、分散した連中を狙っている

そこに何校も便乗 そして試験終盤、彼らは争い始めてる 戦況はグチャグチャだ!」

 

女子「ヨーくんのフィールド割り 逆効果だったんじゃ…」

真堂「俺も焦りはしたけど考えてみれば…結果的にはとても良い もし木を切るのに8時間を与えられたら最初の6時間は斧を研ぐのに費やす

彼らは今、残席数で頭が一杯 焦って飛び出て体力も絶賛消耗中 情報量の多い雄英を狙いに来た人達の視野が狭ーくなった所を隅に隠れて眺めてる これが今の状況さ」

そう言って不敵に笑う真堂

女子「やっとよそ行きの顔やめた ヨーくんこすいんだあ」

真堂「機転が利くと言ってくれよ ま、土壇場にきて焦るのも策を講じるのも不屈の心があってこそさ

 

bha108-1

この場の人間全て 夢と理想を掴もうともがいてる そのもがきに貴賤なんてありゃしないさ」

 

話は現在へ

目良「さて立て続けに3名通過、現在82名となり残席はあと18名ー!」

通過して控え室に向かっていたデク達と爆豪達が出会う

上鳴「あら?オイねぇアレ瀬呂達じゃん!?やったあスッゲオーイ!」

麗日「上鳴くん!やったあスッゲオーイ!」

YATTA!YATTA!と踊るデクと爆豪以外の4人

爆豪「…通ったんか デクてめクソ…」

デク「かっちゃん…!あっ…うん…(なんか…久々だ 神野以降…以前にも増して絡んでこなかったから…)」

1人で先に歩いていく爆豪「そんな “力” がありゃ当然だ」

デク「は!?な…ええ!?(かっちゃんが今…え!?僕を…)」

 

bha108-2

爆豪「 “借り物” … “自分のモン” になったかよ」

 

控え室に到着

八百万「皆さんよくご無事で!心配していましたわ」

上鳴「ヤオモモー!ゴブジよゴブジ!つーか早くね皆!?」

障子「俺達もついさっきだ 轟が早かった」

耳郎「爆豪も絶対もういると思ってたけどなる程!上鳴が一緒だったからか」

上鳴「はァ!?お前ちょっとそこなおれ!」

蛙吹「ターゲットを外すキーが奥にあるわ ボールバッグと一緒に返却棚に戻せって」

 

轟「A組はこれで11人か」

デク「あと9人」

八百万「アナウンスでは通過82名…枠はあと18人…飯田さん大丈夫かしら…」

デク「飯田くん…?」

 

場面はその飯田へ

吹き飛ばされそうになる青山のマントを掴む飯田

青山「merde!僕らは2人…☆戦乱の真ん中 これもう生き残るの難しいよ飯田くん☆」

飯田「何を言う!諦めるなんて誰でも出来るぞ頑張ろう!」

青山「いやそうじゃなく…ワォ!」

マントを引っ張っていく飯田「流れ弾でやられるぞ!」

青山は飯田が駆けつけてくれた時の事を思い返している…

 

物陰に小さくなって隠れている青山

飯田「青山くん!!」

青山「飯田くん1人かい?奇遇だね、僕も☆」

飯田「出来る限りA組の補助をしている!数名をひとところに集め、俺は他を探しに来たんだ!向こうは八百万くんがいる!彼女なら皆を上手く導くだろう」

青山「…え つまり君は1人で駆け回ってるのかい?」

飯田「ウム」

青山「変なの 誰が残ってるか分からないじゃないか!皆、君を置いて通過してたらどうするんだい!?」

飯田「でも君はいたじゃないか 皆が先に通過していたらそれは良い事だ!

俺はA組の委員長、クラスを導く “立場” だ 時間と脚の許す限りはクラスに貢献したい 兄さんならそうする 俺の行動は俺の夢の形でもある

とは言え俺も仮免は取りたい…試験も終盤にきたからな…捜索を続けつつ取りに行く!協力してくれ!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ