【ネタバレ】七つの大罪 219 感想【注意】

第219話 英雄たちの休息

 

ホーク「さあさあ豚野郎ども、寄ってらっしゃい見てらっしゃい

待ちに待った “新〈豚の帽子〉亭” の落成式だぜー!!」

メリオダスとバン「早くしろ」

ホーク「少なっ!!お前らせっかく七人揃ったんじゃねーのかよっ!?他の連中はどこ!?」

メリオダス「全員、用事があるんだと」

バン「♪」

ホーク「冷たっ!!」

 

メリオダス「さっさと見ようぜ、バン」

バン「OK♪ 団ちょ〜」

かけられた布を引っ張る2人

ホーク「それは俺の役…っ 酷ぉっ!!」

 

ホーク「このクソ豚野郎ども!!豚にひかれて◯んでしまえーっ!!!」

メリオダス「やなこった」

バン「怒んなよ師匠〜 今夜の宴会にゃ最高の残飯喰わせてやっからよ♪」

ホーク「バンは許す!!」

メリオダス「つーわけで」

ドンッ

ホーク「ひー!!」

跳んで、帽子亭の中を凄いスピードで駆けていく2人

とある一室の扉を開けた2人

 

バン「この部屋は “俺ら” がいただくぜ〜♪」

メリオダス「残念でした “オレたち” の部屋に決まりなんだな〜 なぜならオレの方が早かった!!にししっ」

バン「団ちょ〜足下見てみ」

メリオダス「…」

一歩足を踏み入れているバン「俺の方が先〜♪」

メリオダス「バン…店の改築費を誰が払ったと思ってんだ?」

バン「国王だろ」

メリオダス「チッ、知ってたか… こうなりゃこれで勝負!!」

ポケットからコインを取り出したメリオダス

 

場面は変わって、とある建物

その部屋の中で本を読んでいるエレイン「ウフフ 近付いてきた…あともう20フィート」

足音を立てないように近付いていっているエリザベスとディアンヌ

 

エレイン「2人とも!!バレてるわよ」

扉の外の2人「!!」

エレイン「どうぞ入って」

 

エリザベス「やっぱり無理ね…心を読まれないようにがんばったつもりなのに…」

ディアンヌ「やっほーエレイン!!さっすが妖精王の森の聖女様だね♡」

 

エレイン「まだまだね、エリザベス 考えを閉じていてもそわそわした気分が伝わってきたからすぐにわかっちゃった」

エリザベス「そ…そうなの?」

エレイン「それにディアンヌはずっと兄さんのことばかり考えてるし」

ディアンヌ「え…ええ!?本当!?」

エレイン「ま…兄さんはディアンヌの倍は喜んでいるようだったけど…

…けど、本当に兄さんでいいの?」

ディアンヌ「へ?」

エレイン「そういえば兄さんとは一緒じゃないの?」

ディアンヌ「それがゴウセルと男同士の話があるからって…昼間から酒場だよ 今夜はみんなでパーティすることになってるのにねぇ?

それよりエレイン、体は大丈夫なの?」

エレイン「ええ…禁呪で魂を繋ぎとめている状態だから…正直、元の調子には程遠いけど エリザベスの魔力のおかげで体はだいぶ楽なの

ディアンヌ…妖精王の森の様子はどう?」

ディアンヌ「うん!色々あったけどみんな元気だよ!!

そうだそうだ!!ボクとキングがね、三千年前の世界(ブリタニア)に行ってきたんだけど」

2人「?」

ディアンヌ「そしたらね、なんとそこで

 

昔の団長と、キミに瓜二つのエリザベスに出会ったんだ!!」

 

場面は酒場へ

 

酔っぱらっているキング「おきゃわり!!ゴウセル〜さっきから全然飲んでないろぉ…オイラの酒が飲めないろか〜?」

ゴウセル「これで説明12度目だけど…俺は人形だから酒は飲まないよ それと今から酔い潰れてたら、夜のパーティまでもたないと思う」

エスカノール「ゴウセルくんシーッ!!」

子供の姿になるキング「オ…オイラはさぁ ただキミとの間に空いた溝をね、少しれも埋めようと思って…れも…何を話しぇばいいか分からんくて」

ゴウセル「酒の力を借りたの?」

エスカノール「ゴウセルくん…以前より切れ味増してません?」

おっさんになるキング「い…一度腹を割ってキミと話がしたかっただけだよぅ…うう…」

ゴウセル「ちなみに 1時間後にお前がこの会話を覚えてる確率は5%もないよ」

子供になるキング「これだけは言っておく!!オイラはキミの全てを許したわけじゃない!!だってキミは…」

ゴウセル「…わかってる」

エスカノール「ま…まあまあキングくん」

寝るキング「くかーっ」

ずっこけるエスカノール「ズコーッ!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ