ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】七つの大罪 213 感想【注意】

【ネタバレ】七つの大罪 213 感想【注意】

第213話 それをボクらは愛と呼ぶ

 

話は少しだけ遡って…

 

女神族と戦うロウ

涙を流すゲラード「お願い!!…もうこれ以上…これ以上傷つけあうのはやめてー!!」

 

女神族「ええい黙れ、役に立たぬ臆病者め!!泣く暇があるならば貴様も戦…」

ロウにアークをくらわせ、一瞬だけロウから目を離したその瞬間…

ロウの投げた剣が心臓に刺さり、倒れる女神族

ゲラード「ロウ殿…もう◯さないで…」

ロウ「なんでまだ居やがる ◯にたくなけりゃとっとと逃げろ!!それとも…」

女神族の体から剣を抜いた次の瞬間…

ロウの右脚に刺さる妖精の攻撃

妖精「よくも…よくも弱っちい人間のくせに〜!!」

ロウ「へっ…弱っちいか…!」

妖精「来るな…来るな!!」

その妖精の前に出ていくゲラード

妖精「ゲラード様ァッ!!」

 

ゲラード「…止めないというのなら…私は…私が…」

ロウ「…俺を◯すか そうだな…それもいい…やれよ…」

フラつきながらもゆっくりと向かっていくロウ

妖精「ゲラード様早く!早く!!奴を◯して!!早く◯して!!」

ロウ「俺はてめえら〈光の聖痕(スティグマ)〉の敵なんだぞ!!さあっ、◯れ!!」

涙が止まらないゲラード「どうして…どうして…」

次の瞬間…

 

妖精の首が飛び…ゲラードは顔の右半分に深い傷を負う…

目を見開くロウ

男「ボサッとしてんじゃねえ、ロウ!!さっさと…仕留めやがれ!!」

這いずるゲラード「あ…」

男「ん?まだ逃げるか羽虫ィ〜!!」

ロウ「やめろ、もういい」

剣を振りかぶる男「羽の次は足だ…!!」

ゲラード「(兄上…これはきっと…報いなのでしょうね)」

 

気を失っていたゲラードが目を開くと…

そこにはロウの剣が刺さって倒れているさっきの男

 

ロウ「バカやろう…なんで俺を◯さなかった」

ゲラード「あなたと…兄上の…話をした時…

あなたの…中に…抑え込んだ怒りと悲しみと…1つの顔が…見えたの

私に…よく似た…少女…の顔…」

ロウ「…同じ村の幼なじみだ…あいつがいじめられていると俺は飛んでいって助けたものさ

いつか大人になったら…好き合って…一緒になるんだろうって…そう思ってた…

でもあいつは大人になる前に◯んだ… …〈光の聖痕〉に◯されたんだ

〈光の聖痕〉はある時突然、村を襲うと皆◯しにした… …理由も口上も弁明も何一つないままにな…

思い当たる節があるとすれば…数日前、傷つき行き倒れていた1人の魔神族を村で介抱したということくらい

今でも覚えてる…いい奴だった」

ゲラード「…あなたはその時、村にいなかったのね…」

ロウ「ああ…俺たち4人はちょうど狩りの訓練で山に入っていたんだ

泣いて…泣いて 涙も枯れてから 俺達はただ〈光の聖痕〉への復讐の為だけに剣の腕を磨き

…そしてとうとう仇をとったわけだ めでたしめでたし

…っ あいつも少しは喜んでくれるかな…

(俺のやったことは…)」

ゲラード「ロウ…あなた」

 

ロウ「(やつらと何も変わらねえ)」

ゲラード「うそを…つくの…が…下手ね…」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

42 コメント オン "【ネタバレ】七つの大罪 213 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

モブ妖精の死亡フラグがすごいなw実際瞬殺されたしw

名無しの伝承者

ロウのこと悪く言えないな。同じ経験をしていたら怒りや憎しみを抑えきれなくなると思う

名無しの伝承者

キングが何もわかってないのは当然でしょと言ってるけど、キングはロウ、ゲラードを霊槍突き刺すとはそんなあり得ないから、本体ゴウセルが「・・・魔神族を利用したんだ!」言ったことで、ディアンヌが「ゴウセルがただの悪い人じゃないし、・・・・大丈夫!ボクを信じて ね?」とキングは分かってたと思うから、あの女神族の塔をぶっ飛ばすだと思われる・・・。キングが憎悪な刃は凄すぎる  ぞ!!

名無しの伝承者

グロキシニア(キング)、怒りの攻撃の前にゲラ-ドを神樹の力で治癒させてあげたほうがよかったのでは・・・?

名無しの伝承者


いやあ、グロキシニアがこの対応するならわかるんだけど、キングだからね。
話聞こうとするのは変だけど、八つ当たりにしか見えない。
「どういうことだ?答えろ!!」くらい言えるだろう、と思う。

名無しの伝承者

キングがなにも分かってないのは当然でしょ
あの惨状でキングに状況判断を強いるのはさすがに酷だと思うんだけど
むしろあの惨状を目の当たりにして冷静にロウから話を聞き出そうと出来る方がおかしい

名無しの伝承者

復讐対象は光の聖痕だろう、女神族に限定した方が筋に合わないぞ。
だから光の聖痕の成員の妖精のモブも対象なるのは当然、ゲラード絡むのはそれ以外の私情

名無しの伝承者

キングは本当に人の話聞かないな。

名無しの伝承者

感情移入しづらいって人はネタバレだけじゃなくて本誌を読むべき、セリフになってない描写とかがあるのでそこを見れば納得できるはず。ただ、ここからゲラードの人間嫌いへの繋げ方はよく分からない。まあ、何かで断片的に記憶失うパターンじゃないかと思う。

名無しの伝承者

キングって本当に何も分かってないな

名無しの伝承者

魔神族って人間の魂食らう奴等だから、そもそも人間が魔神族を助けるっつーのが腑に落ちない。

名無しの伝承者

3000年後のデリエリが「ケツから言って、少なくね?」のは、人間族「ロウたち」が女神族、巨人族、妖精族に全員殺された。そういう結局は魔神族十戒が殺してなかったんだね!
ロウという人は嘘つかない人だし、バンの血繋がりだし、きっと生きてると思います。死んだら、バンが生きてないと思う。
キング「グロキシニア」がロウに霊槍突き出そうとしたら魔神族「十戒」が止められたと思う。魔神族は女神族が悪質なことで、3000年後のグロキシニアが「人間の味方は悪いッスよ」っという結局は、人間族が妹ゲラードにやられたから、その怒りのままで魔神族が一緒に仲間に入ってくれんか?と3000年前のグロキシニアは、メリオダスと女神族エリザベスのことが裏切り?か、信じられないだったと思われて、魔界の門のところへ行ってしまったと思われます・・。
ここまででキングは魔界の門へ行くか行かないか?と試練が始まりだと思う。

名無しの伝承者

弱っちい人間4人が、他の人間を囮に魔神族に殺させ、女神族、巨人族、妖精族を壊滅させたの?

復讐するなら女神族だけにしろっていう気持ちは、まあわからなくもないんだけど
織田信長の命令で羽柴秀吉がやってきて街を滅ぼされたら、恨むのは「織田軍」みたいなもんじゃないの?
だから、「打倒女神族」じゃなくて「打倒スティグマ」って言ってるんだろ

名無しの伝承者

復讐するなら女神族だけにしろっていう気持ちは、まあわからなくもないんだけど
織田信長の命令で羽柴秀吉がやってきて街を滅ぼされたら、恨むのは「織田軍」みたいなもんじゃないの?
だから、「打倒女神族」じゃなくて「打倒スティグマ」って言ってるんだろ

名無しの伝承者

村を襲った連中に妖精族がいたんだろうか?
女神族だけやれば良かったんじゃないか?
まぁ、簡単に前に出てこなそうだけど。

名無しの伝承者

戦争とかと無縁の世界にいるから、完璧に理解はできないのは当たり前だけど、それにしたって最近はどのキャラにも感情移入ができない。確かに”無理をさせてる”って感じがする。

うまく繋げるために キャラクターに無理させてるんだろうけれど キャラになってない。
すでにシナリオありきになってる。 作者の限界がかなり低いところにあったようだ。

難しくて繊細な話だな
たとえば自分や身内が誰かに害されたら「そいつ」を嫌ったり憎んだりは当然だけれど
もしそれが犬だったら他の犬は関係なくても「犬全体」が嫌いになる人は多いんじゃないだろうか

名無しの伝承者

ロウに絆されてるゲラードもなかなかヤバイな
さっきまでそいつが自分の仲間を殺しまくってたことはどうでもいいのか
妖精王の妹としてそれはどうかと思うんだけど

wpDiscuz