ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】七つの大罪 204 感想【注意】

【ネタバレ】七つの大罪 204 感想【注意】

第204話 光あれ

 

〈十戒〉達が魔神軍を率いて妖精王の森へ向かってくる…

キング「これがリュドシエルの計画通りならば、彼は一体何をするつもりなんだ…?」

ゲラード「それは私にもわかりません」

ディアンヌ「これが本当の試練なのかもしれないよ…」

キング「ディア…えとドロール!キミもそう思うかい?」

ディアンヌ「たぶんね…ううん、きっとそう!」

 

メリオダス「グロキシニア!!ドロール!!俺は今から奴らと話をつけに行く だから頼む、エリザベスと…森を守ってくれ!」

2人「!!」

ディアンヌ「そんな…いくらメリオダスでも自◯行為だよ!!」

キング「向こうには〈十戒〉が何人もいるんだ!」

メリオダス「わかってるさ…だが何か嫌な予感がするんだ」

キング「…キミは魔神族を裏切ったんだよね?何を話すつもりか知らないけど…キミ(裏切り者)の話を聞くとは考えられないな

それがわかってて行くのはなぜ?」

 

メリオダス「このまま戦を続ければ 全ての種族が息絶えるぞ!!」

ゴク…と生唾を飲むキング

メリオダス「…もし俺が未だあいつら(十戒)と絡んでて手引きをするかもしれねぇと疑うなら、お前がその目で見極めろ」

歩き出すメリオダス

ディアンヌ「待ってよ!!ボクも行く!!」

キング「えぇ!?」

ディアンヌ「万が一、戦うことになったらボク(巨人の王)の力は不可欠でしょ?」

メリオダス「…確かに ただし…こっちからは絶対に仕掛けるなよ?」

ディアンヌ「よーしがんばるぞ!!」

キング「ま…待って、キミが行くならオイラだって…」

ハッ…としてゲラードの方を見るキング「(いくら女神族がいるとはいえ、こんな状況で森を留守にしたら…)」

そこに…

ロウ「森の留守は俺ら人間に任せとけよ」

メリオダス「ロウ!!」

 

ロウ「助けてもらった恩は返さねぇとな あんたらほどとは言わねぇが、腕にゃ自信あるんだぜ」

キング「バン…」

ロウ「ばん?」

キング「いや…ついキミの顔が知り合いに似てたから でもそいつと違ってキミはなんていい奴!!

ぜひ頼むよ!!森と…ゲラード(妹)を守ってほしい!!」

ロウの手を取って言うキング

ロウ「お安い御用だ!」

ディアンヌ「みんな見て!!魔神族たちの動きがピタリと止まっちゃった」

メリオダス「まさか…」

 

デリエリ「誰だ、お前は?」

魔神族達の前には…

エリザベス「私は女神族エリザベス」

メラスキュラ「わざわざ◯にに来たのかしらん」

ガラン「あの魂、儂が食っていい?」

モンスピート「(エリザベス…?どこかで耳にした名だ…)」

十戒の後ろにいる大勢の魔神達はどよめいている…

フラウドリン「…どうした、お前達?」

両手を広げるエリザベス「これ以上先へ進んではダメ!!」

モンスピート「…ここ数日の間に数万以上にのぼる同胞達が次々と姿を消していてね…

それがこの森より、我ら(魔神族)のみが受信できる微弱な…しかし大量の魔力が発信されている…お嬢さんはこれをどうとらえるかな?」

エリザベス「まさか…女神族があなたたちの仲間を捕虜にしていると…?

…とても信じられないけど…でもここはとにかく引き返して…!!リュドシエルが何か企んでいるわ…」

モンスピート「リュドシエル…〈四大天使〉か」

デリエリ「信じられっかよ…それともそれがハッタリじゃねえ根拠があんのか?」

 

エリザベス「ないわ、でも信じて…!!私はこの戦を早く終わらせたいの!!」

真っ直ぐな目で言うエリザベス

フラウドリン「…どうやら昨日、兵を追い返した張本人があの娘のようです」

ガラン「ほ〜?」

魔人達「オレ達…なぜ逃げたか…わからない」「…あの目見てると…戦うこと…嫌になる」

 

デリエリ「信じてほしけりゃ同胞を解放しろ」

エリザベス「その話が真実なら今すぐ掛け合うわ」

デリエリ「奴(リュドシエル)が拒んだ時はどうする気だ」

エリザベス「もし彼が拒否しても私がなんとかする」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

70 コメント オン "【ネタバレ】七つの大罪 204 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

↑お前正当キリスト教?
それとも偽りの情報を信じてる馬鹿かな
ルシファーはサタンに与えられた名前ではない
バビロン王のことだ
ルシファーの名を使った作り話で人々を洗脳するのが正当キリスト教の手段

⤵︎バカですね
ルシファーとサタンは同一人物です

名無しの伝承者

グロキシニアの人間への恨みがどう発生するかだな…人間達が何かやらかして昔のグロから見たらロウもやらかしたように見えたけど、キングがバンと照らし合わせることによって…的な展開になるのかな

名無しの伝承者

ガランとか明らか遊びに来てるよね?

名無しの伝承者

既にお人形さんだったりして

名無しの伝承者

で、ゴウセルどこ行った?

名無しの伝承者

○○族は統べてるものの名前じゃないの
魔神族は魔神
女神族は女神。女王を立てる習わし。男は王になれない

名無しの伝承者

外道すぎて女神族って名前全く似合わない
初登場時のゲス顔とかまさに悪魔だった
ちゃんと女神って感じなのはエリザベスとザネリくらいなんじゃ…ジェンナもいい人なんだけど、性格が男勝りすぎて別の意味で女神っぽさがないw

名無しの伝承者

ていうかよくみるとアークの中で苦しみながら助けを求めるように手を伸ばして泣いてる魔神や、苦しみのあまり涎を垂らしてもがいてる感じの魔神もいるよな…
最後にクソ天使から「十分役に立ったから殺して楽にしてやる」と吐き捨てるように言われトドメを刺されるとか無慈悲にも程がある。
デリエリはネロバスタのアークを打ち破ってたけど、今回は非戦闘員の魔神ばかりなな上、アークをかけている術者が十戒並、またはそれ以上の実力をもった四大天使だから打ち破れるハズもない。
アークの中にいるため命乞いすらできない、どんなに苦しくても大量の仲間とアークの中に閉じこめられているため「その他大勢の内の一匹」として処理される無念さ、仮に命乞いができたとしても魔神族に対して圧倒的悪意と無慈悲さを持つ圧倒的力を持った相手に通用するハズもない。

魔神族とはいえど、そんな圧倒的弱者に対しての無慈悲な虐殺なんて胸糞悪さしかわかねぇ。
リュドシエルだけは残酷な殺され方して欲しいわ。

名無しの伝承者

確か十戒ってモブ女神族に苦戦してたとかエスタ言ってなかった?四大天使とか勝負にもならんやろ

名無しの伝承者

メリオダスって同族の仲間のことはどうでもいいんだろうなあ。エリザベスのことばっかり。
ほんと恋愛脳キャラだね。どうしようもない
24巻のおまけ漫画でもエリザベスへのプレゼント代稼ぐために仲間を利用してたし。
しかもそれってエリザベスの父親からもらうお金なのに(笑)

名無しの伝承者

ガラン初登場のあたりはもう絶対的に強いと思っていた十戒が、今では雑魚な感じが漂ってるよね。でも、その十戒が、人間にははどうやっても太刀打ちできない存在なわけで、もう人間なんかありんこみたいな存在感の漫画だよね。聖戦だ!っつって五種族の一つに入ってるけど、モブで逃げ惑う以外に何が出来るのよって言う・・・。

名無しの伝承者

十戒強いといってもモンスピートとデリエリなんて復活したメリオダスに二人がかりでかかっていって瞬殺されるし、一番強いエスタロッサは傲慢の罪のオッサンに圧倒されてたし、フラウドリンにいたってはメリオダスに舐めプでやられるし、正直四大天使に勝てるイメージがわかないんだが、、

リュドシエルの所業を目の当たりにして魔神族を応援したいんだけど十戒じゃ頼りないよな。

名無しの伝承者

アークって要するに分解系の技だろ?
捕虜を長時間、弱酸に漬からせ弱らせた状態にしておい助けにきた仲間の前で硫酸浴びせてぶち殺す感じか。
残酷すぎやろリュドシエル。
オレの身内が同じことされたら人生賭けた殺害計画をたてるレベルに怨むと思うわ。

名無しの伝承者

魔神族も人間大量虐殺してるからどっちもどっちな感じだけど、流石に今回のリュドシエルはやりすぎだわ。
非戦闘員をアークの中に長時間閉じ込めていたぶった挙げ句、仲間の前で皆殺しとか本当に胸糞悪い。
アークを一旦解除して降伏するかしないかの確認ぐらいしてからやれや。
こんな一方的な虐殺は相手が魔神族じゃなくてもブチ切れる。
ていうかメリオダス「あの野郎!!」とか言ってるけど、お前も魔神族なら非戦闘員の魔神族からでる微弱な魔力感じ取れるだろ。
何知らなかったフリしてんだよこのクソ恋愛脳が。

名無しの伝承者

リュドシエルどうするつもりなんだろうな。
こんなクソ残酷な大量虐殺をしたんだからまともには死ねないよな。
魔神族に捕らわれて他の四大天使をおびき寄せるために同じように生き餌にされるが、切り捨てられ号泣しながら助けを求めながら八つ裂きにされるぐらいされねぇかな。

次回は他の四大天使の登場か。
傲慢の罪のオッサンにとりついてる太陽を司る天使とか出てくるのかな?

名無しの伝承者

リュドシエル気にいらねぇなぁ。
非戦闘員を対象にしているところが特に。
アメリカが非戦闘員の民間人をターゲットに原爆落とした所業と同じことしてやがる。
一カ所に拉致った魔神族を集めて十戒の前で皆殺しにするためだけに長時間アークの中に閉じ込めて体と精神をいたぶった挙げ句、慈悲の欠片もなく一方的に同胞らの前で消滅させるとか怒りしかわいてこねぇわ。
どうやって死ぬか楽しみにしとくわ。

名無しの伝承者

「始祖が女神だから部族は女神族」という理屈だと、もしも始祖が男神だったら男神族なのかな・・・。

「男神族エリザベス」なんて考えると、筋骨隆々で髭の生えたエリザベスを思い浮かべちゃった。

名無しの伝承者

トップが女神で配下/部下には男・女が(両性具有でも)いいかなと思うけど、それだと「女神軍」だなぁ。
女神が居て、その下に男女が居る「部族」だったら「神族」と呼びそうなものだけど。

名無しの伝承者

俺もリオネス奪還編のイメージで、魔神に対して「残虐」「暴虐」「絶対悪」みたいなイメージ持ってたんで、十戒編になって魔神側の同胞愛とか男女の愛とか、グリアモールに情が移るフラウドリンの描写が出てきて違和感を感じたんだけど、七つの大罪というマンガの中では魔神にもそういう「情」はあるって言う設定なんだなと、自分のイメージに修正かけたよ。
「女神だから女しかいないんだろう」っていうのも、一読者の勝手なイメージでしかない。
女神族をばっちょがどういう設定にしてるかは、ばっちょにしかわからんわけで、詳細情報がほぼない段階なんだから、矛盾もクソもないと思う。
自分はとりあえず「部族(王国?)の名前」みたいな感じで納得してるかな。例えば始祖(統治者)が女神で、それを部族の名前に冠しているみたいなケースならありそうだし。

wpDiscuz