ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】七つの大罪 203 感想【注意】

【ネタバレ】七つの大罪 203 感想【注意】

第203話 リュドシエルの計画

 

巨人達と妖精達が話をしている

巨人「…聞いたか?西では友軍が〈十戒〉に全滅させられたと」

妖精「〈黒の六騎士〉とかいう魔神族にも相当苦戦してるって話さ」

巨人「魔神どもめ…!!」

妖精「ふん!でも数じゃボクら連合軍〈光の聖痕(スティグマ)〉が勝ってるんだ!!」

巨人「魔神族なんぞ全員ち祭りにあげてやろうぜ」

 

少し離れたところで独り、何かを食べているメリオダス

そこに…

メリオダスの大剣を小突くロウ「ヒュ〜♬まるで鉄の塊だ」

メリオダス「ロウ」

横に座るロウ「それにしても…まるで針のむしろだな …あんた魔神族だろ?

魔神族たちと戦りあってた時の魔力といい、そんなバカでかい剣を片手で軽々振り回せるガキがどこにいるよ?」

ニッ…と笑ってみせるメリオダス「…驚いたか?」

ロウ「そりゃ驚くさ 魔神族が女神族と共闘してるなんざ前代未聞だろ

 

…だけど俺にはわかる アンタはいい奴だってな」

メリオダス「ははっ 身内からすりゃオレはとんだ大悪党さ」

ロウ「…聖戦の決着はどうつくのかな」

 

メリオダス「…戦争に聖(いい)も邪(わりィ)もあるかよ」

ロウ「… …だな でもよメリオダス、1コ確かなのは…今俺たちは仲間ってことだ!!」

メリオダス「…おう」

拳を合わせる2人

 

スティグマの拠点の1つ、城(恩寵の光)の中では…

エリザベス「リュドシエル…あなた正気なの!?魔神族を根絶やしにするですって!?」

ネロバスタ「エリザベス様!!これは聖戦なのですよ!?」

リュドシエル「口が過ぎるぞネロバスタ …これはかねてよりの計画です」

エリザベス「あなたは言ったわ、全ての種族が待ち望んだ平和がやって来ると…それをよくも…メリオダスの前であんな…」

 

リュドシエル「魔神族なぞ虫ケラの糞も同然 我らと同じ生命体と誰が認める…?

エリザベス様、目を醒ますのです メリオダスとは手を切りなさい 奴は忌むべき魔神王の跡を継ぐ男だったのです

あなたに相応しい相手は他にも…」

 

エリザベスの顎に手をかけるリュドシエル

飛び出していくエリザベス

ネロバスタ「エリザベス様!! …追いましょうか?」

リュドシエル「いや放っておけ、あの小娘には何もできまい それより今は計画の遂行が最優先だろう」

ネロバスタ「はっ!!」

 

場面は変わってキングとディアンヌ

2人の巨人からの連打を完璧に防ぎきり、小突くディアンヌ

2人の巨人は大地をコントロールして攻撃してくるが…

 

数段大きい大地の拳で吹き飛ばすディアンヌ「せいっ!!」

巨人達「ま…参りました!!」「ドロール王!!稽古をつけていただき感謝します!!」

ディアンヌ「いーの!いーの!!ボクも超楽しかったしー♡」

固まる巨人達「…」

ディアンヌ「ねぇキング、どおどお?すごい!?」

キング「う…うん ところでディアンヌ、あの〈四大天使〉と名乗る男…すごい魔力だったね ひょっとしたら〈十戒〉と同等かそれ以上の…

それと…ずっと森の奥に強い魔力を感じない?それがリュドシエルのものと同じ魔力でこれってなんだと思う?ディアン…」

巨人達を追いかけているディアンヌ「ねーねーもう1回勝負しよーよ」

逃げる巨人達「ヒ〜!!今日はもう勘弁して下さい!!」

キング「…ディアンヌ〜…」

ため息を吐くキング「はあっ この試練…どうやったら終わるんだろ」

そこに…

「ため息などついてどうされました?」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

47 コメント オン "【ネタバレ】七つの大罪 203 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順

アークの中にいるのデリエリの姉だって
このあと死ぬけど
次次回 ゴウセル登場
この情報は本当です

他の四大天使ちょーブス

名無しの伝承者

アーサーは割りと早い段階から登場したのに未だに何の強化も掘り下げもないキャラだから確実に何かあるよなぁ…

名無しの伝承者

もともと死者の国に行けば死人にも会える設定なんで、そういう意味での緊張感もまるでない。
更には死んでも復活できる設定も来ちゃったからなあ。まあ、「昔の自分に戻る」っていう縛りはあるけど、生きてりゃどうにかなるだろうし。
ジバゴの魂消滅はさすがに重かったが、主人公をその状態にはしないだろうし。
アーサーって、完全に魔神に戻ったメリオダスと対峙するためのキャラじゃないかとふと思った

名無しの伝承者

メリオダスはガチ無双やるからなー
我カノールは真面目にやってんだろうけどギャグだからな

名無しの伝承者

この漫画ってメリオダスがいない方が面白いんじゃないかと思ってしまった
あまりにもチートで無双しすぎで緊張感がない
エスカノールの無双は好きなんだけどなあ
メリオダス無双が始まるとなぜか、またかよ…って冷めた気持ちになる。

名無しの伝承者

運動を体験週間の巨人ゲームを体験週間の

名無しの伝承者

↑アーサーは考えすぎじゃね?キャメロットの人なんだし。自分は単にエリザベスと同年代のキャラを作っておきたかっただけじゃないかとおもう。キャスについては知らん。自分にはそんな突飛な発想は浮かんでこない

名無しの伝承者

エスカノールの呪いも、何かしらどこかと関連ありそうだよね。強力すぎるもん。魔人にまで化け物って言われちゃうってひどいよなw
あと、アーサーもダナフォール消滅の年の生まれだし、何かしらのいわくはあるんだろうね。キャスとは誕生日まで一緒だから、アーサーの分身(失ってる力)がキャスで、合体すると本当の正体が判明するパターン?あのマーリンがアーサーに仕えてるってるところからして、アーサーの正体ってベリアルインがらみの何かなんだろうか

名無しの伝承者

最後に、エスカの呪いが産まれた理由、来ないかな。

名無しの伝承者

最終的には、グロキシニアとドロ-ルも十戒といっしょに封印されるんだよね

名無しの伝承者

最終的には、グロキシニアとドロ-ルも十戒といっしょに封印されるんだよね

名無しの伝承者

メリオダス、ゴウセル、マーリン(キング、ディアンヌ)が3000年前からの関係でここにバンまで入れちゃうと1人だけ仲間はずれなのに最強かつとてつもない存在感放ってるKY野郎が誕生してしまうのだが

名無しの伝承者

わかるわかる。メリオダスとエリザベスは話の発端だからしょうがないとして、あんまり何でもかんでも前世からでしたってなると、かえって興ざめする。「前世でこうだったから今世でもこうなりました」っていうと、そういう条件がないと親友になれないのか?って、なんかすごく理屈っぽく感じてしまう。そんなのなしで強い友情が生まれるのなら、そっちのほうがとてつもない絆だと思うんだよね

名無しの伝承者

顔じゃなくてノリだろ
まあバンとメリオダスの友情まで前世絡めてほしくはないが

名無しの伝承者

バン云々言ってるやついるがそこまでバン押すのは邪魔。バンとエレインで散々尺取ったんだから。しかも顔似てるとかそんな事言ったらバンとヘンドリクセンだってスゲー似てるじゃん。髪型変えて髭つけたらバン、ヘンドリクセンになるぞ。

名無しの伝承者

確かにホークママの存在は気になるわ
獄炎鳥飲み込むのは驚いたし ワンドルとメリオダスの物語も読みたい

名無しの伝承者

聖戦の絵の魔神サイドにホークママがいたけど、ホークママ=混沌の母=魔神なのかな。
体内が混沌(異次元みたいなもの?)になっていて、何でも食べて混沌の中に放り込むことが出来るとかで、モンスピートの獄炎鳥を飲み込んだのもそれとか?で、食ったものを再生産して吐き出せるんじゃね?リズの魂やワンドルの魂を食って今のホークやエリザベスを生んだのがホークママとか。リズはメリオダスの前で転生させたけど、ワンドルはメリオダスがリオネルに行ってから処置した(エリザベスとホークの誕生日が違うが生まれ年は同じなのはそのせい)ので、転生していることをメリオダスは知らない。でも、最初に会ったときに、ホークママの息子=以前別の存在だった魂を再生産したものだと知ってるメリオダスには、ワンドルの生まれ変わりだとすぐにピンと来ることが出来た。もしこの仮定が合っているなら、ホークママとメリオダスは以前からの知り合いで、ホークママは魔神サイドの中でメリオダスには協力的な存在と言うことになる。単行本で十戒の初期設定を公開してたときに、メリオダスの味方キャラを作るアイデアがあったって書いてあったけど、「味方」の要素だけホークママに付加したのかも?

名無しの伝承者

エリザベスが人間に転生してるってことはどっかで死んでるってことだから、そのあたりの事情が封印に関係ありそう。マーリンもどっかで絡むんだろうね。七つの大罪を集めるってことは、十戒・魔神王サイドとは敵対してる側なんだろうし。前魔神王絡みの関係者?とか予想してるけど

名無しの伝承者

生まれ変わりがあるなら、ホークやエリザベスみたいにロウはバンの前世だろうか。

wpDiscuz