【ネタバレ】七つの大罪 202 感想【注意】

第202話 聖戦の役者たち

 

眠ったように動かなくなったキングとディアンヌ…

ヘルブラム「ハーレクイン!!ハーレクイン!!目を覚ますんだ、しっかりしろ!!なぜだ…!!2人ともまるで意識が戻らない…!!」

グロキシニア「呼びかけても無駄っスよ?2人の魂はこの場にないんスから…」

ヘルブラム「俺っちが視えるのか!?」

グロキシニア「フフ…同じ妖精王同士、波長が合うのかもしれない…だから視えるんスかね?キミはキングくんの知り合い?

 

悪いね、2人は試練をクリアしない限りは目覚めない…」

 

場面は過去…〈十戒〉カルマディオスと戦うキングとディアンヌ

 

霊槍バスキアス第二形態 “守護虫(ガーディアン)” で攻撃するキング「 “壊◯毒(ネクロシス)” 」

カルマディオスの6本全ての腕を刺す…すると…

武器を落とすカルマディオス「ぬがっ…」

キング「ディアンヌ!!腕は封じたよ!!」

ディアンヌ「はぁあ…」

 

大地で創った腕でカルマディオスの動きを封じたディアンヌ「今だ!!」

突っ込んでいこうとしたキングだったが…

口から吐いて攻撃してくるカルマディオス「 “邪息(エビルブレス)” !!」

そこに…

 

飛び出してくるメリオダス

キングとディアンヌ「!?」

カルマディオス「メリオダス様…」

メリオダス「…悪く思うな、カルマディオス」

フルカウンターで返すメリオダス

カルマディオス「な…ぜ なぜ…だ…!!」

加勢する2人

 

キング「霊槍バスキアス第十形態 “翠蛸(エメラルドオクト)” 」

ディアンヌ「 “砕破(ギガクラッシュ)” !!」

吹き飛んでいくカルマディオス「ごあぁああぁーっっ!!おのれ…すぐに舞い戻って…必ず…や…同胞たち…をを」

 

ディアンヌ「ゼエッゼエッ プハーッ や…やったのかな!?」

キング「ハアッハアッ」

メリオダス「…ひとまず退けたってとこだろ」

キング「2人とも!!呑気にしてる場合じゃない!!後ろにはまだ大勢の魔神族がいるんだ!!」

しかし振り返ると…

キング「…ってあれ?魔神族の軍勢は?」

1人、空に浮いているエリザベス「あの人たちには帰ってもらったわ」

ディアンヌ「か…帰ってもらった?」

キング「あれだけち走ってた魔神族をどうやって…?」

 

エリザベス「…私は少し話をしただけ 誰も心の底からこんな争いは望んでいないもの」

メリオダス「エリザベス…」

そこに..

岩陰から出てくる男「礼を言わせてもらうぜ!!」.

ディアンヌ「! …人間?」

後ろからも数人の男達が出てくる

 

男「おかげで全滅せずに済んだよ!!あんたたち〈光の聖痕(スティグマ)〉の戦士だろ?」

ディアンヌ「〈光の聖痕〉?」

男「違うのか?あんたら、女神族を柱とした巨人族・妖精族の3種族の連合だろ?」

メリオダス「ああ、まぁな…俺たちは妖精王の森から来たんだ ここを魔神軍が攻撃してるって情報を聞いてな」

男「俺たちもぜひ仲間に加えてくれねぇか?俺はロウ」

差し出された拳に応えるメリオダス「メリオダスだ、歓迎するぜ」

怪我をしている人達を治してあげるエリザベス

男達「おおっ」「あ…ありがとう…」

エリザベス「みんな、ここはまだ危険よ 急いで拠点に戻りましょう」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ