【ネタバレ】七つの大罪 197 感想【注意】

第197話 それぞれの答え

 

ハウザー父「いい加減に起きやがれバカ息子!!」

ハウザー「ムニャ…あともーちょい」

父「今日も仕事が山ほどあるんだろーが急げハウザー!!」

寝ぼけた顔で起き上がるハウザー

 

母「ちゃんと顔は洗ったのかい?」

ハウザー「んーあとで」

母「朝食はどうする?」

ハウザー「んーいいや」

父「いい齢こいてダラしねえ 浮いた話の一つもねえ」

ハウザー「親父に似たせいだろが」

父「それでよく聖騎士が務まるもんだ」

着替えて髪を整えたハウザー「んじゃ行ってくるわ あ、しばらく城や町の復旧作業で家には帰られねえからな!!シクヨロだぜ!!」

父「そんな事より大切な話があるから急ぎ城へ来いとさ」

ハウザー「!!」

父「ついさっきお城の使者が来てったぞ」

ハウザー「 “そんな事” とはなんだ!!魔神共のせいで王国は半壊状態になってんだぞー!!」

ハウザーの尻を蹴る父「いいからその寝ぼけた目をしっかり開けて行ってこいや」

ハウザー「いって!!覚えてろ〜クソ親父… え」

蹴り飛ばされたハウザーが顔を上げると全て元通りになっている…

ハウザー「う…うそ…町が…城が…元通りに戻ってる!!」

 

マーリン「元通り?それは間違いだ」

 

tz197-1

マーリンはお風呂に浸かり、エスカノールがドキドキしながら肩や足を揉んでほぐしている

マーリン「確かに建物は私が一夜で復元した まあ…私が半分以上破壊した手前な…」

エスカノール「お疲れ様ですマーリンさん」

マーリン「だがあくまでそれは表面上の見た目にすぎん」

エスカノール「いかがでしょうマーリンさん?」

マーリン「ん…上手いぞエスカノール

たとえ建物が復元されようと魔神族どもに◯された者達が生き返るわけでも 恐怖に傷ついた人々の心が癒えるわけでもない…

そして戒禁にかかった多数の聖騎士と民がキャメロットへ逃亡した つまり現在の〈十戒〉の根城はキャメロット…

戦いはまだこれからだ…忙しくなるぞ? とはいえ今度の戦は我ら〈七つの大罪〉の勝利に間違いない…

少しはうかれても罰はあたらんぞ団長殿?」

マーリンの前にはメリオダスとエリザベスとバン

 

メリオダス「ん?ああ…」

エリザベス「(メリオダス…)」

バン「団ちょ」

メリオダス「…なんだ?」

 

tz197-2

メリオダスの頭に腕を回してこめかみをグリグリするバン「昨日の晩はどこ行ってやがった!?せっかくの祝杯が盛り上がらなかっただろーが!!」

メリオダス「…バン」

今度は目を合わせて話す2人

バン「…昨日は悪かったな あん時…どんな顔して声をかけりゃいいのかわかんなくてよ…俺とお前の何が変わるわけでもねーのにな♪」

メリオダス「お前は別に悪くねぇさ」

バン「だよな〜♬ 団ちょはいつだってそのトボケ面だしよ 心配して損し…ごあっ!!」

小突いてバンをぶっ飛ばすメリオダス「うっせ」

壁に激突してちまみれになるバン

エスカノール「 “おお我が友 気高き憤怒” ”たとえ呪いが我らの身を冒そうと” ”心に咲く美しきバラを冒せはしない” ”おお我が友 勇壮なる罪は” …」

エルザベス「…詩(ポエム)?」

エスカノール「あ…誤解しないで下さいね?団長の気持ちが全てわかるとか偉そうな事は言いません!!

ただ…互いに呪いを受けた身として…その辛さだけはわかるというか…だからその…元気を出して下さいね?」

メリオダス「8点」

エスカノール「え は…8点?何点中8点なんですか!?」

メリオダス「あのなお前 いちいちポエムった後に説明する奴があるか?」

エスカノール「そ…そうですか〜?」

立ち上がるバン「いってーな…」

メリオダスの耳元で言うエスカノール「ちなみに美しきバラというのは僕にとってはマーリンさんで団長にとっては…」

メリオダス「はいもうよろしい」

エスカノール「最後まで説明させて下さいよ」

 

tz197-3

メリオダス「エスカノール、バン サンキュ!!」

笑顔でそう言うメリオダス

→次のページへ

最新記事を即お知らせ