【ネタバレ】七つの大罪 196 感想【注意】

第196話 君がいるだけで

 

陽が少しずつ落ちていく…

ぷりりっ

糞をして元に戻ったホーク「う…う〜ん お…俺は一体今まで何を?」

ハッとするホーク「そうだ!!王国へ向かう途中…魔神族たちに襲われて…そんで…そんで…おっ母が」

涙を流して叫ぶホーク「お”…お”っ母ぁぁ〜!!」

 

そこに駆けてくるエリザベス「ホークちゃん!!」

ホーク「ぶ…ぶえっ エリザベスびゃん…!」

ホークを抱きしめるエリザベス「よかった無事で!!心配してたのよ!!」

鼻水も流して泣き続けるホーク「でぼ…でぼ…お”っ母が…お”っ母が◯んびばっば!!」

しかし…

 

tz196-1

ホークママ「ブゴッ」

ホーク「プギャー!!おか…おお…おっか おっ母が…生ぎでぶ〜!!」

微笑むエリザベス

 

グレイロードを捕えた試験管をクルクル回しながら何か想っている様子のマーリン

そこに…

エスカノール「マーリンさーん!!」

マーリン「! …久しいな、エスカノール」

エスカノール「やっぱりな〜!マーリンさんの魔力だと思いましたよ〜!!」

マーリン「活躍は聞いたぞ、さすがは〈傲慢の罪〉 無双ぶりは健在か」

エスカノール「いやぁそれほどですが、あなたこそ石にされたと聞いて…もちろん僕は大丈夫だと確信してましたよ

どうしました?久しぶりの再会なのに元気が…」

マーリンの目線の先には…

エスカノール「バンくんと…あれは…団長…!?」

メリオダス「…いつまでつったってんだよ なんか言いてぇことあんだろ?」

バン「…まあな」

 

tz196-2

メリオダスの肩をポン…と叩くバン「生きててくれて嬉しいぜ、親友」

そう言って去っていくバン「さて…と 今夜は祝杯でもあげるか」

最後まで目を合わせなかった2人…

 

エスカノール「マ…マーリンさん 僕達は団長が命を落とすところをこの目で確かに…」

マーリン「メリオダスは何度◯のうと蘇らせられる」

エスカノール「え?」

マーリン「魔神の王にもたらされし呪いの力でな」

エスカノール「? ◯なない…呪いですか?すごいですね」

マーリン「…問題は◯から蘇る都度、感情を喰われ 最凶の魔神と呼ばれた時代の彼に逆行しつつあることなのだ」

雨がポツ…ポツ…と降り出す

エスカノール「…っ 団…」

マーリン「今はそっとしておいてやれ…

(フラウドリンが数々の悲劇の種をまいた張本人とはいえ あの倒し方はまずかった..)」

 

場面は墓へ

夜になっても雨は降り止まない

*「…ここに4人の尊き聖騎士の魂は眠りにつかん 王国の為、民草の為にこの命を賭し犠牲となった彼らに心から祈りを…」

ハウザー「マルマス…あっけなく◯んじまいやがって…!!」

アーデン「う…うう…うう〜」

デルドレー「デンゼル…様…どうして私たちに何も言わないで?」

ワイーヨ「ドゲッド…どうか友と安らかに…」

ジェリコ「なんで…なんで兄貴が◯んでんだよ…俺を助ける為?自分が…◯んで…どーすんだよ…!!俺、兄貴とまだちゃんと話…してないよ…」

ジェリコの頭に優しく手を乗せるバン

ジェリコ「いつ…もっ 喧嘩っ…ばっか…で ひぐっ うわああああんやだああああ」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ