【ネタバレ】七つの大罪 194 感想【注意】

第194話 残酷なる希望

 

フラウドリンを天貫破獄刃で吹き飛ばしたドレファス

そこに駆け寄ってくるグリアモール「お父さーん!!」

抱きしめるドレファス「グリアモール!!」

 

涙を流すグリアモール「お父さんだ…!僕のお父さんだ!!」

ドレファス「こうして再びお前を抱きしめられる日が来ようとは…!! …ん?グリアモールお前なぜこんな幼い姿に…?」

ヘンドリクセン「ドルイドの里の修行中に色々あって…後でゆっくり説明するよ おかえりドレファス」

 

tz194-1

ドレファス「ヘンドリクセン…!!」

ヘンドリクセンを強く抱きしめるドレファス「…今まで心配をかけたな」

涙を流すヘンドリクセン「それはお互い様だろ…!」

倒れているザラトラス「やっぱり…ドレファスは…強い…なぁ ははは…は もっと早くに私の跡を継がせる…べきだったよ…」

ドレファス「兄貴!!しっかりしろ!!」

ザラトラス「まいったな…もう体に力が入らない…」

ヘンドリクセン「グリアモールはジェリコ達と一緒だったんじゃなかったのか?」

グリアモール「あのね…オシッコから戻ったらみんないなくなってた」

ドレファス「兄貴…なぜあんな無茶を!!」

ザラトラス「気にするな…キミ達を救う為に…得たような命なんだから」

ドレファス「私がもっと強ければ…兄貴を手にかける事も 罪のない人々を苦しめる事もなかったはずだ…」

ヘンドリクセン「違うよ…悪いのは全て私だ…私が弱いばかりにドレファスは奴の言いなりに…」

ザラトラスはドレファスに頭突き、ヘンドリクセンの鼻にデコピンをする

ドレファス「あ…兄貴?」

ザラトラス「キミらがそんなんじゃ私はちっとも昇天できんでしょうが…

悔やむ…くらいならその全てを…受け止めて生きねば…ならない それが…大人の責任の取り方でしょう…?

 

tz194-2

それから…一つ伝言を…っ ギルサンダーにいつも…見守っている…と…」

消えてゆくザラトラス

 

ドレファス「…必ず兄貴の言葉はギルサンダーに伝えよう」

ヘンドリクセン「どうか安らかに…」

フラウドリン「その約束が果たされることはない…」

ゾクッとする2人

ドレファス「こ…この声はフラウドリン!? バ…バカな… “天貫破獄刃” は確実に奴を消し去ったはず」

フラウドリン「ククク…正確には貫いた、だな さすがは俺の相棒だ、確かに元のままではやばかったよ」

口を開けて見上げている2人

 

tz194-3

フラウドリン「2人ともいい表情だ その絶望を顔に張りつめたまま◯ぬがいい…どうだ…?これが本来の俺の魔力… “巨大化(フルサイズ)” !!」

巨大な腕を振り下ろすフラウドリン

ドレファスはグリアモールを抱えて走り出す

フラウドリン「ん?」

 

tz194-4

捉えられたかに見えたヘンドリクセンの周りにはハウザー達を連れているマーリンのパーフェクトキューブ

ハウザー「なんだこのバカでかい化け物はよ!?」

ヘンドリクセン「ドレファスを乗っ取っていた魔神の正体だ ドレファス!!グリアモール!!」

ドレファス「私達なら大丈夫だ!!」

→次のページへ