【ネタバレ】七つの大罪 193 感想【注意】

第193話 覚悟の聖騎士長

 

ザラトラス「なるほど…我々の “浄化(パージ)” じゃ〈十戒〉を討つ事は不可…ならば命を絶つしか方法はない…か」

ヘンドリクセン「!! ま…まさかドレファスを!? 私は反対です!!それでは何の意味もありません!!」

ザラトラス「よそ見厳禁!!」

 

突進してくるフラウドリン「 “貫突” !!」

ヘンドリクセンを抱えてかわすザラトラス「 “雷神の閃動” 」

フラウドリン「どうした聖騎士長様…弟を救う術もなくただ逃げ回るのみか もはや万策尽きたようだな…?さて、どうやって貴様らを料理してくれよう」

どちゃっ…

そこに球体状のものが落ちてくる

フラウドリン「? なんだ…これは?」

ザラトラス「あれは…」

拾い上げるフラウドリン「豚?」

 

tz193-1

鼻息を出すホーク「プキャッ」

よろついたフラウドリンはホークを投げ捨てる「ぐぼあっ!?ぬ…こ…この臭いは残飯息吹(ブレス)!?め…目が…!!」

フラウドリンを後ろから捕らえるザラトラス「どうやら運は尽きていなかったらしい」

フラウドリン「何の真似だ…?言っておくが貴様ごときの魔力では私を葬る事はできんぞ…!?」

ザラトラス「そんな事は十分承知しています…だが私の全生命と引き換えの “パージ” なら 弟の身体からキミを引っぺがす事くらいできるだろう…!!」

目を見開くフラウドリン

ヘンドリクセン「やめ…」

ザラトラス「 “パージ” !!」

 

光が周囲を包む…

グリアモール「ま…眩しい い…今のは…?」

 

tz193-2

ドレファスから引き剥がされたフラウドリン「お…おのれぇぇぇ!!」

ヘンドリクセン「(なんと禍々しい姿!!これが〈十戒〉フラウドリンの正体)」

そのまま倒れている2人に気づいたヘンドリクセン「ドレファス!!ザラトラス!!」

フラウドリン「他者の為にせっかく得た命を捨てるとは…!!つくづく愚かな!!命を引き換えに俺を追い出したところでもう一度ドレファスの中に戻れば済む話」

ヘンドリクセン「そうはさせん!!」

ヘンドリクセンの方を振り返る事なく貫くフラウドリン

ヘンドリクセン「ぐあっ!!」

フラウドリン「そんなに俺に◯されたいのかヘンドリクセン!?」

ヘンドリクセン「あ…が 入るなら…この私に…入ればいい!!」

→次のページへ