【ネタバレ】マギ 266 感想【注意】

未知との遭遇

ジュダル「(俺の名はジュダル 創世の魔法使いマギ様の一人だ)」

冒頭は前回の引きの続き ハニワ?から声をかけられて頭をかしげるジュダル から

「(先日のアラジンとのしとうの結果、空の果てまで飛ばされ…妙な世界に辿り着いたと思ったら…)」

「(今、目の前に更に珍妙な生物が現れ困惑しているわけだが…)」

そして自分はアリババだと言いはるハニワにアリババなら白龍やられてしまった筈だと口を開いていくジュダルだったが

しかし ハニワはそれでも俺はアリババなのだという

アリババ「ー確かに俺は洛昌で白龍と戦って..ベリアルの鎌を受けた だからこそ、俺は今、ここにいるんだ」

 

「あの後、白龍とアラジンは…どうだったんだ?ー」

やがて それを聞いていたジュダルはそういや白龍のベリアルの鎌は中身と外見を切り離す技だったなーとようやく納得し始めてきた様子

吹き出す笑いを震えながら堪えるジュダル「だったら…なんでお前…そんなふざけた姿になってんの…ク..プクク..」

 

アリババ「色々あったんだよ 知らねーよ!ー」

と いうことでそのままここは一体どこなんだという話になる二人だったが どうやらアリババ曰く奥の方にはジャングルがあり見たこともない植物ばかりが生えている ということしかわからないらしい

ジュダル「ー空は..太陽も月もねぇ..真っ暗だな」

「..で!?どうやって戻りゃいいんだ?」

アリババ「まだわからねーよ」

アリババに掴みかかるジュダル「んだよそれ!?ここにずっといろっていのかよ!?早く戻らねーと白龍と紅炎の戦争が始まっ知まうじゃねーか!!!」

アリババ「おいジュダル、不安だからって俺に当たるんじゃねーよ!」

ジュダル「不安だとぉ!?」チラッ

 

「……」

そう言われたジュダルが辺りを見渡すと やはりその周辺には奇妙な植物がはえているばかりで異様な雰囲気に包まれている

「ー…んだよコレぇ…」

「もういい」

 

と 苛ついた表情を浮かべながら一人どこかへいこうとするジュダルをアリババが引き止めるもどうやら一緒には居たくないという

ジュダル「お前は使えねぇ役立たずだ 一秒も一緒に居たくないね そういや俺、お前のこと前からいけ好かなかったし…」

アリババ「….俺だってお前のことは、バルバッドで最初にあった時から好きじゃあなかったけどよ」

ジュダル「そうかよ!」

アリババ「そうだけど..」

ジュダル「俺は俺でやらせてもらうぜ!」

アリババ「一人でどうする気だよ?」

ジュダル「あばよ!!」

スタスタ…

 

ズモモ

が ひとりどこかへいこうとするジュダルの前に再びあの化け物が出現する

ジュダル「あーッ!!あああああ!!!!」

大声でびびるジュダル

「ラムズ!!!ラムズ・アルサーロス!!」

パチパチ

 

「静電気しか出ねーじゃねーか!!!」

と いう間に化け物に襲われてしまうジュダル

「(くそ~っ魔法も使えねーし帰る方法もわかんねーしこれから俺はど~すりゃいいんだよ~っ!!?」

 

(98)

ジュダル「絞るな~!!」

と しかしそこへまたもアリババがスパパパッと助けに入り化け物の触手を切断 ジュダルを救出する

アリババ「バルバッド流剣術」

ジュダル「おおっ!?」

「(くそっ…このハニワ..ムカつくが..認めたくはねーが..今の俺より強ェーじゃねーか..!!!)」

まるでアリババが輝いているように見えているジュダル

ポロ

が その時ポロリととれてしまうアリババの頭

ジュダル「ああっ!!?○んだ!?」

どうやら一撃をくらっていたらしいと すぐさま付け直すアリババは割りと平気といった様子

ジュダル「大丈夫かよハニワ野郎!?」

アリババ「大丈夫だ 慣れている」

ジュダル「ほぉ(こいつ、こんなワケわかんねー状況なのに、妙に落ち着いてやがんなぁ…?見た目はマヌケなハニワのくせに..)」

また とりあえずそれから並んで座り込み会話を始める二人だったが どうやらアリババ曰く今の体になってからは痛みもなければ空腹も感じることがない とのこと そしてそんなアリババに対しやっぱお前○だんじゃね?とにやつきながらからむジュダルだったが 当のアリババ本人はやはりことを深刻に受け止めているといった様子を見せている

アリババ「….」

「..でも俺は、まだここにいる」

 

立ち上がるアリババ「元の世界へ戻る」スク

 

ジュダル「はぁ!? やめとけやめとけ」

アリババ「ジュダル、お前は諦めるっていうのか?」

ジュダル「いや~そ~は言ってね~けどぉ?ー」

 

「だ~か~ら~ 全部言わなきゃわかんね~のかな~っ!?この馬鹿は~っ!?」

アリババ「…..」

 

「…何が言いたいんだ?ジュダル」

 

 

ジュダル「お前なんか、○んだ方がいいって事だよー」

 

(99)

 

固まるアリババ「…..」

→次のページへ