【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 95 感想【注意】

ページ95 高め合う存在

 

マルス「…アスタ…」

ファナを覆うように庇ったマルスはファナの上に力尽きてしまう…

ファナ「マルス…!!回復魔法を…」

しかし…

ファナ「出せない…!?(私の体…何があったの…!?魔力が尽きて…)」

 

突っ込んでいくアスタ「ちょっと待ってろ!!アイツはオレがぶっ倒す!!」

後退するラドロス「!! 待った待った!!君アレだろ!?魔力が無いアンチ魔法使いの騎士ってヤツ!!」

アスタ「!」

ラドロス「わかるよ、その辛さ!うんうん、オレも生まれつき魔力の属性が無くて 子供の頃は色無しってみんなから馬鹿にされてたからさ〜

でもさぁ…オレ以上じゃん、キミの “無さ” って」

アスタ「何だとコノヤロォ〜!!」

ラドロス「ちょっと同情しちゃうよね」

アスタ「同情するなら魔力くれ! …何が言いてーんだ…!?」

 

ラドロス「手ぇ組まない?オレの右腕にしてあげるからさ ダイヤモンド軍にはオレから上手く言っとくから、一緒に王国軍を駆け上がろうよ♪

才能だけで踏ん反り返ってるヤツらをやっつけてさ!(なーんつっといて…コイツのアンチ魔法の力も…オレのモノにしてやるけどね♪)」

アスタ「断る

 

オレはクローバー王国の魔法帝になるんだ!!」

ラドロス「魔法帝って…あ〜あ…だから馬鹿って…」

足元に落ちた木に乗って浮き上がるラドロス

 

アスタ「!」

上からレーザーを放つラドロス「ヤダね!!」

 

剣で防ぐアスタ「んだらァァァ!!」

ラドロス「あはははは♪ キミの戦い方は聞いてるよー!そこに転がってる空間魔法の使い手がいないと遠距離魔法には手も足も出ないんだろ!?」

アスタ「んがぁああ」

ラドロス「イイ的だよ!!」

レーザーを打ち返すアスタ「でりゃ!!」

 

しかし吸収するラドロス「フッフ〜ン♪ その跳ね返すヤツもオレには無意味だよ〜♪ リサイクルリサイクル♪」

防ぎ続けるアスタ「ぐおおお!!」

レーザーを放ち続けるラドロス「キミに勝ち目は無いよ!!諦めな!!」

 

アスタ「…誰が諦めるか…!!オレの…仲間を傷つけたことを…絶対赦さねー…!!」

ラドロス「…仲間?そんなモンいねーよ

この世には利用するヤツか、されるヤツの2種類しかいないんだよ オレは周りの “仲間” ってヤツらを利用して勝ち上がって来た

そこにぶっ倒れてるマルス君も横の女も オレの出世の為に利用させてもらうよ

2人共◯ぬまで軍部の魔術研究に使ってもらおうかな!!アハハハハ」

鋭い目で睨むアスタ

→次のページへ

最新記事を即お知らせ