【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 81 感想【注意】

ページ81 そんなアイツが

 

一夜明けて..

アスタ「おはよーございまぁあーす!!」

しかしアジトにはヤミしかいない

 

アスタ「…あれ?(…いつもは誰かいて賑やかなのに…)皆さんもうどこか行ったんすか?」

煙草を吸いながら新聞を読んでいるヤミ「…さーな」

アスタ「?」

そわそわするアスタ「(みんなサボッてるのかな?)」

その時、氣を感じたアスタ「(フフフ 隠れようったってそーはいきませんぜ?)」

窓から外を覗くアスタ

そこにはノエルとフィンラルがいる

アスタ「何してるんだ…?」

ノエル「…よし…これで大体みんなを送れたわね」

フィンラル「全く…みんな水くさいよなぁ〜…こっそりアスタくんの治療法探すとかはりきっちゃってさぁ」

目を見開くアスタ

フィンラル「ま、任務外の事だからこっそり行かないとヤミさんに怒られるか」

ノエル「あとアスタ “オレの事より任務優先して下さいいい” って言いそうだわ」

 

場面は恵外地

マグナ「ほォ〜…なかなかいかついトコじゃねーか…!」

ラック「ビビってるの?マグナ」

 

bc81-1

マグナ「誰がビビるか〜!!むしろワクワクするわァァー!!待ってろよアスタ…!!」

 

フィンラル「マグナとラックは恵外地の荒れ地にある魔宮(ダンジョン)を探しに」

 

場面は王立図書館

 

bc81-2

ブツブツ言いながら本を結構な速さで読んでいるゴードン「(僕もアスタくんと仲良くなるんだ…!)」

ゴーシュ「ブツブツ言ってねーでさっさと探すぞ!」

 

場面はどこかのジャングル?

 

bc81-3

チャーミー「待っててねアスタくん 呪いも治しておなかもふくれてなおかつオイシイのとってくるから!」

グレイはチャーミーに変身している

 

フィンラル「ゴーシュとゴードンは王立図書館で呪術を調べに チャーミーとグレイは呪いに効く未知の食材を探しに行った…と…」

アスタ「…」

フィンラル「はぁ〜まさか最低最悪の荒くれ集団が1人の新人の為にこんな頑張っちゃうとはね〜」

ノエル「そうね あんな馬鹿でメチャクチャで下品な下民の魔力の無いヤツの為にね」

 

bc81-4

今まで浴びせられてきた数々の言葉がよぎるアスタ

フィンラル「…魔力が無いくせに…全っっ然諦めないんだもんなぁ〜…」

ノエル「…魔力が無いくせに…誰よりも真っ先に…誰よりも力強く戦うのよね…そんなアイツが…

 

bc81-5

そんなアスタが私達に戦う力をくれた…!!今度は私達がアイツを戦わせてあげるんだから…!!」

→次のページへ