ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 116 感想【注意】

【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 116 感想【注意】

ページ116 珊瑚の孔雀副団長

 

“珊瑚の孔雀” の一等上級魔法騎士、キルシュ・ヴァーミリオン

「(あぁ…ツライ…!なぜこの世界にはこうも美しくないモノが蔓延ってしまっているのか…

そしてそんな中…なぜ私はこんなにも美しく生まれてしまったのか…ツライ…!)」

 

アスタ「(変な人出たー!!)」

目を背けるミモザ

蕁麻疹が出るマグナ「うるせぇぇぇ!!おまっ…うるせぇぇぇ!!気持ちワリーんだよテメぇぇー!!」

キルシュ「そう嘆くな、醜き者よ…!私の美しさに嫉妬する気持ちはわかるが…どうしようもないこともあるのだ…」

マグナ「話通じねぇぇぇ!!頭沸いてんのかテメーはァァ〜!!」

ソル「何が男のクセに美しいだー!!キショイんだよ、このナルシスト男〜!!」

 

ソルの手をとってかしずくキルシュ「ふう…女がそんな汚い言葉を使うものじゃあない…

せっかくプロポーションはなかなか美しいんだ…私を手本にもっと精進しないか…!」

ぞわわ〜…とするソル

マグナ「むがぁぁぁぁ」

ソル「おええええええ」

アスタ「(大丈夫か、このチーム)」

キルシュ「おや、ミモザじゃあないか…!私の美しさを見に来たのか、妹よ!美しさのあまり心臓麻痺を起こすなよ?」

 

ミモザ「美しいというか…ナルシストすぎて気持ちワルイですわ」

キルシュ「何を言っているんだミモザ!この美しさがわからないなんて…病気か!治療してあげよう!」

イライラするミモザ「…病気はお兄様ですわ…正直負けろ…ですわ…」

キルシュ「ふぅ…オマエは相変わらず冗談が下手だな…」

ミモザ「…」

アスタ「なんかわからんが…苦労してんだなミモザも…」

キルシュ「!! 貴様がアスタとかいう下民か…」

アスタ「あ、どうも初めましてっス…ミモザさんにはお世話に…」

 

キルシュ「気安く語りかけるな汚物が…!」

アスタ「(え”ー 急に目◯んだー)」

 

キルシュ「雰囲気も振る舞いも美しくない 存在が美しくない 服も汚い あと筋肉も醜い

身体はそのままただ美しくあれば良いのだ 鍛える意味がわからん それは弱い者のすることだ」

ム…とするミモザ

 

アスタ「ああ!オレは弱かった!なんたって魔力無いからね!だから鍛えたんだ!醜くてもこれがオレの武器だ!」

キルシュ「ふぅ…人間の持つ魔力が注がれる器の大きさは生まれながらに決まっている」

アスタ「(器…?)」

キルシュ「醜く足掻いたところでその形は変わらんのだよ」

ミモザ「…お兄様…この試合、絶対勝って下さいね」

キルシュ「おお、ミモザ!そう言ってくれるとは…ようやく私の魅力がわかったのかい!?」

 

ミモザ「次の試合で私とアスタさんで血祭にして差し上げますので」

キルシュ「!!(ああッ なんて美しくない言葉…!!)」

 

そして第2試合が開始される

キルシュ「さぁッ、私の美しさを見せつけてやろうッッ!」

マグナとソル「うるせぇぇぇ」

ユノ「…何だ、あのキラキラした人は…?遠くからでもわかる…」

ノエル「キルシュ・ヴァーミリオン、ミモザの兄ね 一言でいえばキモチワルイわ」

クラウス「なんという説明だ…珊瑚の孔雀の副団長だぞ!!侮るな

ずっと眠っている団長に代わり、団の実務をほぼしているという話だ…!!」

突っ込んでいくマグナ「こんなのとチンタラやってられっかー!!さっさと攻め込んでとっととクリスタル先にブッ壊しちまえばこっちの勝ちよォォ!!」

国王「五等下級の下民か…アイツはダメじゃな」

その横で目を輝かせているユリウス

 

相手の赤銅魔法 “チェイスジャッカル” がマグナを迎える

マグナ「うおおおおお!?え〜い!!ウザってぇぇぇ!!」

勢いのまま破壊して進むマグナ

そこに…

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

1 コメント オン "【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 116 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
読んでいる

ここと次にあたるって また偽物が兄を愚弄しそう?かも

wpDiscuz