【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 114 感想【注意】

ページ114 誓いの花

 

アスタ「何寝っ転がってんだ、起きろォォ〜!!

このままじゃ負けちまうぞ!!さっきまでの正論はどーしたんだオイいいいいい!!勝ちたくねーのかオマエはぁぁ!!」

 

謎の男「ふぁぁ…別に負けたって構わねーからオレは

オマエがどんだけ勝ちてーか知らねーし興味もねー お前の熱をオレにぶつけるんじゃねー

昨日徹夜で眠いんだよ…人は寝ないと動けねーから今は睡眠優先…ぐ〜…」

今にもキレそうなアスタ

 

Aチームのリック( “珊瑚の孔雀” の三等中級魔法騎士)がスコープで覗いている

 

リック「…あのザクスとかいうヤロー…!!寝てやがる…!!」

“銀翼の大鷲” の三等上級魔法騎士カータス「…何かの作戦ではないのか…?」

リック「いや…私のクリスタルスコープは覗いた者の身体状態も見てとれる…今のヤツは完全に睡眠状態だ…!!」

 

“紅蓮の獅子王” の四等中級魔法騎士フォルティ「…!魔法帝への無礼に加え、何という不真面目で横柄な態度…!!やはり赦すまじ…!!」

 

カータス「どんな手があるにしても動かねば決して勝てん このまま終わらせてやろう…!!」

攻撃態勢に入るカータスとフォルティ

 

植物創成魔法 “魔花の道標” で辺り一帯の状況を見るミモザ「敵チームのクリスタル付近に2人…!その約60m手前の樹木の上に1人!

! 奥2人の魔力が膨張…恐らくは合体魔法…!攻撃が来ますわ!!(こんな遠くから…!)」

アスタ「おうッ!!(めちゃくちゃ速い攻撃だったけど…何となくのタイミングと方向がわかれば…

 

斬れる!!)」

クリスタルへの攻撃を斬ったアスタ「よっしゃぁぁぁぁ」

ミモザ「(速すぎて私では避けることも出来ない攻撃を…!!さすがですわ、アスタさん!!)」

 

謎の男の方を見るミモザ

しかし男はあのまま寝ている

ミモザ「戦力が1人欠けるのは痛いですが…このままでは勝てません!!役立たずさんは放っておいて私達だけで何とかしましょう、アスタさん!!」

アスタ「ミモザ…!」

ミモザ「私は敵の位置の把握と牽制をしながら…アスタさんはクリスタルを守りながら

2人で敵チームのクリスタルに近づき、直接破壊を狙う!!これしか無いですわ!!」

アスタ「(ミモザ、判断はえぇー!!色んな戦場をコイツも越えて来たんだな…!!)

よしッ!!それでいこぉぉぉ!!初めての共同作業だな!!ミモザ!!」

ミモザ「初…ひゃ…ひゃいっっ!!」

突っ込んでいく2人

アスタ「行くぞォォー!!」

ミモザ「! 来ますわッ!」

攻撃を防ぐアスタ「おらァァァ!!」

 

観戦している魔法騎士達「オイオイオイ、2人だけで真っ直ぐ突っ込み出したぞ」「ただ…アイツやるぞ…!」

「Bチームのもう1人…寝てないか?」「油断させる作戦か?」「ふむ…能力によってはこのような戦い方にもなるのか…!」

ユノ「(1試合目で負けたりなんかしないよな…アスタ)」

ベル「ナニやってるのコレ?」

ノエル「(案外様になってるじゃない、あの2人…)」

クラウス「頑張れよ…!ミモザ、アスタ!」

 

リック「何なんだアイツは…!!合体魔法を簡単に防ぎながらクリスタルごと突っ込んで来るぞ!!

こっちのクリスタルに向かって真っ直ぐ…どうやら相手にも位置を探れるヤツがいる!そろそろ中距離だ…!」

アスタ「! 見えたッ!!敵2人とクリスタル!!」

フォルティ「来た…!!」

カータス「慌てるな…こちらのクリスタルは無傷に対し、あっちのクリスタルはもうボロボロだ…!」

その時…

 

壁に身を隠したミモザが、植物魔法 “魔砲の花” で攻撃を放つ

 

石魔法 “石の砦(ロックフォートレス)” で防ぐカータス

アスタ「ミモザ…!!いつの間にこんなすげー攻撃魔法をー!!うぉおおお」

 

あの時、アスタに誓ったミモザの言葉

“アスタさん…!次、お会いする時は私も…並んで一緒に戦えるように強くなって来ますわ…!!”

 

ミモザ「私が先導します!!巻き返しましょう!!」

アスタ「(頼りになりまくるぜ!!ミモザ…!!)」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ