【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 112 感想【注意】

ページ112 王撰騎士団(ロイヤルナイツ)選抜試験

 

闘技場に集まった魔法騎士達

ユリウス「よく集まったね じゃあロイヤルナイツ選抜試験を始めよう!」

 

話は数十分前…街のどこか…

ザクス・リューグナー「…やれやれ…ようやく遠征から帰還したと思えば…

 

これ以上は公務執行妨害だ 魔法騎士団として君を処罰しなければならない…!」

団員「貴様、この方を誰だと思っている!! “紫苑の鯱” 副団長ザクス・リューグナー様だぞ!!

今の “紫苑の鯱” 復興もこの方の御力と人徳のお陰…麗氷の聖者だ!!」

 

*「知らねーよ そんなキザヤロー

ただの腰巾着が自分の栄光のようにグダグダ偉そーに語ってんじゃねーよ オマエが喋んねーと自己紹介も出来ねー愚図かオマエの主人は

公務執行妨害?いいよなオマエらお偉いさんは そう言や自分の気に入らねーモンを好き勝手に手ェ出していいんだもんなァ?

ホラやってみろよ?オマエのご自慢の魔法で正義の名の下、罰してみろよ?権力を笠に着た暴力集団の副団長さんよォ」

団員「貴様ァアー…」

団員を制止するザクス「魔法騎士団への侮辱 赦さん」

 

氷魔法 “アイススライサー” で攻撃するザクス「我が魔法を受け、後悔せよー!!」

しかし…

怯える団員「ひい…ひいいいぃぃ」

 

*「麗氷の聖者…ねぇ…

オレなんかに負けるとは、副団長様が聞いて呆れるなァ オマエにゃ魔法騎士団のローブはもったいねーよ」

ザクスのローブを奪っていく謎の男「…さァて…もっとヘコませ甲斐のあるのはいるかなァ」

 

場面は闘技場へ

どこかの団員「ロイヤルナイツ試験!!どんな試験か分からんが滾るわ!!私の真の実力を披露する時が来た!!」

ミモザ「きゃっ…

あの〜その程度の魔力でも放出しますと周りに迷惑なので もう少し落ちついてはいかがですか?ウフフフ」

団員「す…スミマセン」

周りの団員達「ミモザ・ヴァーミリオンだ…!回復魔法やサポート系のエキスパートだったが、最近では攻撃魔法も覚えてきてるとか」

「何でもアリかよ、さすが王族だな あと胸デケー…」

クラウス「ミモザ、試験前に余計な揉め事を起こすなよ?相変わらずの天然失礼だな」

ミモザ「クラウスさんは真面目で心配症でメガネですわね」

クラウス「メガ…」

周りの団員達「クラウス・リュネット…!ここ数か月でグンと力をつけたヤツの鋼魔法は突破困難だぞ…!あと何か筋肉も鍛えてるとか」

 

ベル「ちょっと〜今日はデートの約束だったでしょユノ〜」

ユノ「そんな約束してない」

ベル「なんですって〜〜」

周りの団員達「そして今年の新人1位、風精霊使いのユノ…!」

 

「他も言わずと知れた猛者揃い…!」「やはり金色の夜明けがこの試験でも多数通過しそうだな…!」

ミモザ「皆様なんだかピリピリしてらっしゃいますわね〜もう少しリラックスなさったらいいのに…ウフフフ」

クラウス「オマエはリラックスしすぎだぞ」

そこに…

アスタ「お!クラウス!ミモザ!よっす!!久しぶりだな〜!」

 

頬を染めるミモザ「あッ…ああああ…アスタひゃんッ!!」

クラウス「アスタ!私も鍛えて強くなった!負けんぞ!」

アスタ「そうか!うおおおお燃えるぜぇぇぇ」

ミモザ「アスタさん…!がが頑張りましょうね…!」

アスタ「おう!! ?何か顔赤いぞ、大丈夫か?ミモザ」

ミモザ「は…はいっっ だッ、大丈夫れす!(久しぶりで緊張しますわわわわわ)」

アスタ「おうユノ!この間は温泉気持ちよかったな!」

ユノ「ああ」

もにょもにょ言ってるミモザ「お…温泉!?温泉って何ですの!?ユノさん?」

アスタ「火山登り競争は負けたからな…!今日は負けねーぞユノ!!」

ユノ「落ちた時のイメージトレーニングはして来たか?泣かない為の」

アスタ「なにぃぃぃ!?

 

…へへ 何だか楽しそーじゃねーか、ユノ!!」

ユノ「…オマエもな、アスタ」

そこに…

レオポルド「アスタ!!ユノ!!オレも忘れるな!!試験に合格するのはオレだー!!フハハハハハ」

アスタ「オレだ!!」

ユノ「オレ」

レオポルド「いやオレだぁぁ!!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ