【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 107 感想【注意】

ページ107 クローバー王国国王

 

全団の功績発表も終わり…

盛り上がる国民達「魔法騎士団バンザーイ!!」「魔法帝バンザーイ!!」「金色の夜明けー!!」

ユリウス「…では功績発表も無事終わったところで皆お待ちかね…我らがクローバー王国国王の登場だー!!」

 

アスタ「国王!?そーいえばこの国の国王ってどんなヤツなんだ!?知ってるか!?ユノっっ」

ユノ「知らない」

 

国王「(さぁ、民衆共…余を讃えよ!!)」

 

ぽかーんとするアスタとユノ「…」

国王「余のすぐ横に立つな、余が目立たんだろ」

ユリウス「あ、はぁ」

国王「えーオホン 我が国民達よ、ご機嫌よう クローバー王国国王、A(アウグストゥス)・キーラ・クローバー13世である」

微妙な反応の国民達「国王様ばんざぁーい…」

 

国王「…もっと余を讃えんかァァァー!!」

急に声を荒げた国王にぎょッ…とするアスタ

国王「国王ぞ!?余は国王ぞ!?この国で1番偉いのだぞー!?見よ!!代々受け継がれて来たこの神々しきマナを!!

余の考えが!!余のルックスが!!余の何もかもが正しいのだ!!魔法帝なぞより余の方が偉大なのだぞォオー!!」

しーん…としている国民達「(…あぁ…魔法帝が国王にならないかな)」「(魔法帝が国王にならないかな)」「(魔法帝が国王にならないかな)」

ユリウス「国王、落ち着いて落ち着いて」

国王「(おのれぇぇ〜ユリウスめ…!こやつばかり人気を得おって…!!それに…またしても金色の夜明けが1位だとォ〜!!

金は余は嫌いな色だというのに…!王族が団長を務める団を差し置いて…気に食わぬ…気に食わぬ…!!

ここは一発かまして、国民共の支持を得てやろう…!!)

 

えー、今回は余より皆へ報告がある 白夜の魔眼のアジトを突き止めた!!」

ザワッ…とする国民達「おお…!!」

国王「今までは奴らから襲撃を受けることが多く、後手に回る戦いばかりだった

だが今度は違う!いよいよこちらから敵へ総攻撃を仕掛ける!!その為に…

 

魔法騎士団の中でも更に選りすぐりの騎士を集め、最強の選抜隊を余が結成することとした!!

その名も王撰騎士団(ロイヤルナイツ)!!

1週間後!!全騎士団員を対象とした試験を行う!!この試験を通過した者のみ、ロイヤルナイツへの入団を許可する!!

そして…余のロイヤルナイツで白夜の魔眼を殲滅する!!魔法騎士団員達よ!!己のグリモワールをこの王国へ捧げるのだー!!」

歓声を上げる国民達「おお〜!!すごい!!」「ロイヤルナイツー!!」

したり顔の国王「(フフフ…決まったな…!!ユリウスが調べ考えたことだが、これで余のモノだ…!!)」

その時…

アスタ「何で王様が選ぶんだ?

 

オレ達がすげーと思ってるのは魔法帝や団長達で、王様じゃないんだけど」

国王「な…」

アスタ「オレ、今まで王様が何かスゲーことした話ひとつも聞いたことないし…ユノあるか?」

ユノ「…いや」

アスタ「スゲー魔力あるのに国民の為には何ひとつイイことしてくれたことないってことだろ?」

ユノ「…そうだな」

アスタ「オレ魔力ねーからかイマイチわかんないんだけど…何かあの王様…オーラ無いってゆーか器小さそうってゆーか…」

ユノ「オイ、アスタ空気読め こういう時は本当のことを言ったらダメなんだぞ」

アスタ「え、じゃあやっぱりそーなの?」

大笑いするジャック「カカカカ こいつぁオモシれー!」

ノゼル「…」

国王「…処刑じゃァァァー!!いくら強いとはいえやはり下民だったな!!その汚らわしい2人を即刻処刑せよー!!さぁ早く◯せ〜!!」

アスタ「え”」

ユノ「オマエのせいだぞ」

どよめく国民達

セッケ「バーカ」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ