【ネタバレ】ブラッククローバー BLACKCLOVER 102 感想【注意】

ページ102 アスタの休日

 

ヤミ「休め オマエ働きすぎ しばらく任務禁止」

一瞬固まるアスタ「そんな…!オレから任務とったら何が残るんスかぁぁ!!うわああぁあ」

ヤミ「筋肉」

フィンラル「まぁちょうどおあつらえ向きのイベントが…」

そこに…

 

ガチャッ…

マグナ「ただいまっス…」

ヤミ「お、帰って来たか?」

アスタ「この声はマグナ先ぱ…」

はっとするアスタ「(そうだ…マグナ先輩達はオレの腕を治すためにダンジョンに行ってたんだ…感謝を伝えねーと…!)」

ダンジョンから帰ってきたマグナとラックは…

 

アスタ「(え”えええええええ!!何か凄いことになってるー!?)」

マグナ「ダンジョン攻略を経て、とてつもなく強くなっちまった…くっ…!」

アスタ「(何かキャラ変わってるー!?)」

ラック「マナが呼んでるぜ…」

アスタ「(アンタもかいー!!)」

マグナ「だがすまん…!アスタの腕の治療法は見つけられなかった…!くっ…!」

ラック「マナが…呼んでるぜ…」

マグナ「ただただ強くなっちまった…!くっ…!」

アスタ「あ、治りました腕」

元に戻る2人

マグナ「なんだよ良かったじゃねーかテメコノヤロォ〜!!」

ラック「やったねアスタ!それじゃ早速ヤリ合おう!」

アスタ「やらん!!」

涙ぐむマグナ「いやホントよかった…ぐっ…」

ガチャ…

ゴーシュ「今帰ったぜ…」

アスタ「ゴーシュ先ぱ…」

またもはっとするアスタ「(そうだ…ゴーシュ先輩達もオレの腕を治すために王立図書館に行ってたんだ…感謝を伝えねーと…!)」

王立図書館から帰ってきたゴーシュとゴードンは…

 

アスタ「(え”えええええ!!何かオタクになってるー!?)」

ゴーシュ「魔法の素晴らしさに目覚めてしまいました 美しい…魔術式が絵画のようですな…!すごいですぞゴードン氏」

アスタ「(だから何でキャラ変わんのー!?)」

ブツブツ言ってるゴードン

アスタ「(アンタはやっぱり何言ってるかわかんねぇぇー!!)」

ゴーシュ「だが…アスタ氏の腕の治療法はまだ見つかっておらず…どれだけ時間がかかっても解呪魔法編み出しますぞ!お待ちを!」

アスタ「あ、治りました腕」

元に戻る2人

ゴーシュ「何だとオイ、オレがいつか治すっつってんだ もっぺん呪われてきやがれテメー」

アスタ「えええええ」

ブツブツ言ってるゴードン

アスタ「ゴードン先輩!呪いかけてるみたいだからヤメてー」

ゴーシュ「バカらし…マリーの写真見よう」

そこに…

 

チャーミー「ただい…ま…」

アスタ「チャーミーパイセ…」

帰ってきたチャーミーとグレイは…

 

アスタ「(え”えええええ!!いや…え”えええええー!?)」

チャーミー「どうもチャーミーです…こにゃにゃちわ 魔法キノコに寄生されちゃった…」

アスタ「(食ってる場合かぁぁー!!)」

グレイ「あうううう ウマく変身出来ない…恥ずかしいよ〜」

アスタ「(恥ずかしがってる場合かぁぁー!!)」

チャーミーのキノコを抜くアスタ「チャーミーパイセン!!もうそれ食べちゃダメっすよ!!」

チャーミー「と…止まらない…」

アスタ「1コ食べたら3コ生えてますよぉぉぉ!!」

チャーミー「おひとつどーぞ…」

アスタ「いるかぁぁぁ!!」

チャーミー「他にも美味しいのいっぱいとって来ましたよ〜…らっはっはっは…」

アスタ「命懸けで何やってんですかー!?」

チャーミー「でも…ごめん 腕の治療法は見つからなかった…」

アスタ「そうでしょうね」

ヤミ「いなかった分、給料引いとくね?」

チャーミー「らッッ!?」

ヤミ「さて、そんなこんなで祭りがあります」

アスタ「祭り?」

チャーミー「祭り…?」

マグナ「オメーは知ってるだろ」

フィンラル「みんな知っての通り、魔法騎士団は功績に応じて 魔法帝から星を貰えます この星の数を各団で競い合ってるワケですが…

 

4月から翌年3月末の1年間に取得した数を発表して、その年の1位の団を決める催しがあります」

ヤミ「ったく…メンドくせーよな〜 いつも最下位だし」

フィンラル「この催しは王国民みんなの前で行われる、1年で1番大きい祭りとしてクローバー王国民に親しまれているワケです」

 

すでに法被姿のヤミ「それが… “星果祭” !!」

アスタ「ヤル気だ!!ヤミ団長がいつになくヤル気だ!!」

ヤミ「よっしゃ、全然乗り気じゃねーけど行くぞ」

マグナ「お供します!!ヤミさァァん!!」

ゴーシュ「オレはマリーの写真眺めてます」

フィンラル「女のコ女のコ〜♪」

わくわくしたアスタが何か思いつく「あ スミマセン、フィンラル先輩!ちょっと呼んでほしいヤツらが…」

→次のページへ