【ネタバレ】ハヤテのごとく! 462 感想【注意】

第462話 改めての説明

 

本木でゴジラを見た後、かき氷を食べながら王玉の話をするアーたん

最初、王玉は9つで、なんだかんだで3つ失われ残り6つ、更に1つ壊れたので残りは5つ

その5つを見付けだせと三千院帝は言っている

帝の性格を考えれば確実にひとつ、王玉の在処を想像できると言うアーたん

察しがついていたナギ「あのジジイの城だろ?簡単だ あのジジイは賢い上に慎重でオマケに極度の嘘つきだ」

帝の城に忍び込むわけだがあくまで泥棒では無いと言うナギとアーたん

ナギ「リビングにたまたま雑誌が落ちてたとするだろー?これを落ちてたよーと言って本棚に直す これが泥棒か?」

アーたん「とても親切な事ですわ」

 

そして帝の城を訪れるナギ・ハヤテ・マリア

昼寝すると言って帝から離れ作戦会議をするナギとハヤテ

地図を広げ説明するナギ、在処はおそらく地下宝物庫最深部、ナギ自身も入った事はないらしい

警報装置などはないと言うナギ、理由は生きて出られないかららしい

ナギがパソコンで大金庫室の電子ロックを全て解除し予備電源も落としカメラと電子トラップも全て無効化する

ただし無効化できるのは一時間

ミッションスタートするハヤテ

地下で電波が入らない為やはり音声は途絶えた、ナギ「ハヤテのやつ…無事だといいけど…」

早速トラップ、上から槍が落ちてくる

 

image-3

ギリギリかわしたが頬にかすり傷を負うハヤテ

「あーこれは久々に…ホントにヤバいやつだ…」

次回、ハヤテのごとく! 463 へ!!

 

※以下感想です※

王玉の詳しい数などが判明しましたね

ナギとアーたんの理論…好きです

そして帝の城の地下宝物庫最深部へと王玉を盗み(拾い)に行ったハヤテですが…

いきなり出鼻をくじかれてしまいました…

でもこれ往復1時間ってことは

最深部に行って王玉を手にいれるまでを30分以内でやらなければいけないということですよね

だとすると意外と次回で結構進むかもしれませんね、関係無い話に飛ばなければ笑

いや、この漫画だから逸れに逸れますよね笑

ちなみにタイトル「改めての説明」とは

今年10月で10周年を迎えるハヤテにごとく!の解説をマリアさんが

ハヤテのミッションスタートと共に突然やり始めます

最新記事を即お知らせ