【ネタバレ】ハイキュー!! 255 感想【注意】

第255話 見つける

 

影山日向の速攻を止めた稲荷崎

実況「シャットアウトー!!稲荷崎、今度は “本家” を封じたー!!」

解説「今のは日向君に上がると確信していた様なブロックでしたね…!」

にんまりとした顔の宮侑

 

視聴覚室で見ている青城

矢巾「なんっだよオイィ〜!」

 

稲荷崎の黒須監督は無言で見ている「…」

 

烏養「日向・影山ステーイ 熱くなっちゃだめ」

ギクッとする日向「!」

影山「…俺は普通ですけど」

烏養「あ、そう?」

 

変人速攻のトスをミスした宮侑「! アカーン!」

嶋田「…向こうのセッターも人間で良かった…」

宮侑「スマン!」

嶋田「にしても繋心の奴、落ち着いてんな 大丈夫なのかよ…」

滝ノ上「内心、冷や汗ダラダラだったりして」

谷地「(自分よりずっと大きい相手と戦う日向にとって、影山君との速攻は文字通り必さつ技で自信もあって

それを目の前で決められて、自分は止められて …大丈夫かな…)」

 

ライトの宮治が決める

実況「宮兄弟が止まらないーッ!!」

解説「稲荷崎は試合の度、新しい事をやってくる印象がありますねぇ 結果が良く出ても悪く出ても」

実況「正に “最強の挑戦者” !東の王者を狩るための牙を絶えず研ぎ続ける稲荷崎高校!!」

キマッタ…と思う実況

 

木兎「ミャーツムやるなあ!マグレじゃねえもんなあ!」

赤葦「ハイ、でもやはり精度は影山が上ですね 年季が違いますし ただ宮治が良く対応してますよね…」

木兎「ミャーツムより影薄いのにな!」

赤葦「それ関係あります?」

 

*「…あの10番、日向翔陽でしたか 小さいのに凄い得点力ですけど、唯一無二の様な攻撃をあっさり使われるのは凹むでしょうねえ」

全日本男子代表チーム監督・雲雀田「…! そうかなあ

彼は今まで影山無しではあまり評価されて来なかったと思うんだよねえ そんでこの先、影山ってセッターとだけやっていくわけじゃない

個人技を磨くのは当然であり、また別の話として コートには必ず6人居るワケだ

あの速攻に関して言えば、日向翔陽にとって侑は 自分にボールを届けてくれるセッターが他にも居るという証明

“唯一無二じゃない” って事は 彼には吉報なのじゃないかなあ

…いや彼がそこまで考えてるとは思わないけど

 

あれは凹んでる顔じゃないよね」

じぃー…と宮侑を見ている日向

宮侑「な、何やねん…」

雲雀田「ナルホド、あれが影山の相棒かあ〜はっは!」

日向を見る宮治「…」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ