ジャンプ・東京グール・ワンピース・ハイキュー・キングダム 最新あらすじ/確定ネタバレ注意!!まとめ速報 考察・感想・投稿サイト

【ネタバレ】ハイキュー!! 247 感想【注意】

【ネタバレ】ハイキュー!! 247 感想【注意】

第247話 2日目

 

10月末…宮城代表決定戦後

家で2人で飲んでいる烏養繋心と一繋

繋心「 “ゴミ捨て場の決戦” 俺が見してやるぜ!わはは!」

 

一繋「ゴミ捨て場の決戦なあ」

繋心「?」

一繋「…俺は他人に教える真似事を始めてからしばらく、選手に “俺と同じ事” 或は “俺がやろうと思ってできなかった事” をさせようとした

でもある時、奴らはどう考えてるのか気になった

奴らは俺じゃ無えし、俺の駒でも無え…その当たり前の事に気付いて」

繋心「…」

一繋「その日から教える事が真似事じゃあなくなったんだ これがまあ難しいのなんのなあ

…おめえはその点、デキが良い」

繋心「!」

一繋「バレー自体のデキが悪いだけある」

繋心「あ”ぁ!?」

一繋「わはは!」

繋心「 “ゴミ捨て場の決戦” がじじい孝行の為だと思ってんのかよ?

今1番、音駒の連中を倒したいと思ってんのはウチの野郎共だぞ?負けまくってるからな

もう “昔の” 因縁の相手じゃなくなってるんだよ」

一繋「! …」

繋心「だから “ただ” 楽しみに待ってろよっ」

 

笑顔の一繋

 

話は春高初戦後の夜へ…

電話している烏養「…じゃあ取りあえずは大丈夫なんだな」

母?「うん、でも調子はあんまり良くないから じいちゃんがそっちに行くのはやっぱり無理かもねえ」

烏養「…うん」

母「でも本当に心配は無いから」

烏養「…ハイ…じゃあ」

 

トーナメント表を見つめる烏養

「(お互い2日目を勝ち抜けば 3回戦で対音駒 ”勝ち抜けば” )」

 

ミーティングを始める烏野

烏養「よし、じゃあ明日の話だ もうな、今更現実は変わんねえから言うけど

 

相手はIH準優勝チーム、兵庫県代表の稲荷崎高校 まああのアレだ、優勝候補ってやつだ

 

まずポイントゲッターは4番の尾白アラン 高さもパワーもあって、梟谷の木兎同様 “全国3本指” に最も近い…

というか調子さえ良ければそれも超える可能性がある

対ウシワカと同じく、”止める事” と “拾う事” を切り離して考えない事 トータル・ディフェンスで捕まえる

 

それとMB10番・角名倫太郎 身長はMBにしたら低い方だけど、センスの塊って感じの奴

攻撃にはしつこく食いつけ こっちの速攻にも確実に “慣れて” くる スペースを広く使って攻撃してくれ

稲荷崎の “主砲” はこの2人 で、やはり厄介なのは

主砲2人を含め、全スパイカーを絶妙に使い分けるセッター宮侑 影山はユース合宿で会ってるな」

影山「ハイ」

菅原「高校No.1セッターって言われてる奴だよな…」

その言葉にピク…と反応する影山「 “スパイカーが上手くなったと錯覚するセットアップ” らしいです 確かに凄え打ち易いっス ブレない乱れない」

田中「影山が言う程かよ…」

烏養「こいつが厄介なのはセットアップだけじゃなくてな」

影山「サーブ」

ビデオを見る一同

東峰「うお、確かに強烈だな…」

澤村「でも今までと同じく全く取れないって事も無い」

影山「宮さんは少し前からスパイクサーブとジャンプフローターの二刀流です」

澤村と東峰「!?」

西谷「どっちで来るかギリギリまでわかんないって事か」

田中「レシーブの陣形が組み辛いっスね…」

影山「中総体とIHでベストサーバー獲ったことあるそうです」

東峰「…その情報聞きたくなかった…」

影山「? サーセン」

烏養「で、今回はローテーションのコンセプトを変えようと思う」

明日の試合へ向けての話は進んでいく…

谷地「(さっき勝ったばかりなのにもう皆さんの顔が恐い…第2シード…この沢山のチームの中で2番目に強いチームと戦わなきゃいけないんだ…)」

 

日向「全国の1番と2番 両方とも戦れるって事かぁ…!!」

烏養「!」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ

コメント

141 コメント オン "【ネタバレ】ハイキュー!! 247 感想【注意】"

 
 
表示する順番:   新着順 | 古い順 | 評価順
名無しの伝承者

佐草と気流は、無理やろ

名無しの伝承者

白鳥沢に勝てたからいけるでしょう

宮兄弟 最高すぎるやろ!!!!!!!!!!!!!!!!!
なんやあれわ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!  人気かっさらっていくやろ絶対。

名無しの伝承者

単行本1巻に山口のポジションの記述はない
2巻にはミドルブロッカーと明記されてる

名無しの伝承者

キリュウ3年だからどこかではピックアップされるよな〜個人的にはサクサとWS頂上決戦してほしい

名無しの伝承者

山口はミドルブロッカーです

名無しの伝承者

山口は第1巻あたりのプロフでポジションWSって書いてなかったっけ?

名無しの伝承者

宮兄弟に注目だけど、MB角名も気になる。これまで攻撃面でチームの主力になるMBってあんまり出てこなかったけど、角名は五本指と並んでチームの主砲と称されてるから。

ユース強化合宿に当然選ばれてると思ってた時の日向は、影山のトスで上手くなったと錯覚してたと思うよ

名無しの伝承者

鷲匠監督にしても烏養前監督にしても、指導する選手たちに自分の過去を投影していたんだね。そして白鳥沢の選手たちは監督の駒になっている。
繋心コーチは、引き受けたきっかけが烏野メンバーの実際のプレーを見たからだけあって、自分の経験を選手に押し付けない。むしろ過去の自分より優れたプレーをする選手を称賛し、試行錯誤しながらも選手たちの「今」とまっすぐに向き合っている。
新しい「名将烏養」が生まれつつあるね。

名無しの伝承者

相手のキーマンが宮だからセッター同士、影山中心の話になりそうだな。
白鳥沢戦の時は牛若JAPANのスパイク止めてツッキー覚醒したけど今回は誰か覚醒すんのかな? 
でもセッター中心のストーリーだとトスとかを重要視して白鳥沢戦みたいな個人的な感じじゃなくてチームとして総合力の闘いって感じがするけどね。

宮のセットアップで空振りしそうなのは、リエーフくらいだろ

名無しの伝承者

「俺のセットで打てへん奴はポンコツや」に該当するのは、リエーフくらいだと思う
日向は打てるんじゃないかな…?

名無しの伝承者

東峰は伊達高との練習試合で何かブロックアウト的な技を身につけてる感じがするし、
田中は木兎並のインナースパイクを前に
一回打ってるし、それを練習してれば三枚ブロックも怖くない!ww

名無しの伝承者

東峰や田中はフェイントやらないのかな
パワースパイカーの印象しかないからこそ、突然フェイントやったらすごい効果的なんじゃないかと思うんだよね

名無しの伝承者

正直言って白鳥沢に勝ったのもまだ納得できない。。。。。
そのうえIH準優勝にまで勝っちゃうの〜〜〜〜〜?
どう考えても稲荷崎が強いだろ。
そうしないと話続かないってわかってるんだけどさ〜。。。。。
ハイキューはとても大好きだが、ついつい現実的に試合を見てしまって時々アンチ烏野になってしまう( ;´Д`)

名無しの伝承者

山口がWSに転向ってないかな?
サーブで崩す→チャンボ→シンクロにバックアタックで参加
これ出来るようになったらめっちゃ強くなる
山口可能性しかないな

名無しの伝承者

日向がWSになるためにはレシーブが人並み以上にならないと厳しい
MBのままなら後衛時に(サーブ時以外)リベロが代わってくれるけど、レセプションに組み込めないレシーバーは、ねえ・・・?

名無しの伝承者

ひなたが2年になったらWSもちょいちょいやったりすんのかなー。

名無しの伝承者

宮治、左利きって事ないか?
一卵性双生児の利き手が双方で逆、という話はよく聞く。
及川レベルのツーセッター+サウスポー、ってどんだけ強敵だよ。

まあ、勝つんだろうけど。

wpDiscuz