→続きのページ

 

影山サーブから試合が始まる

日向「行けっ、◯人サーブ!」

強烈なジャンプサーブを打つ影山だったが…

見送る越後「アウト!」

椿原メンバー達「ナイスジャッジ」

影山のサーブミスで先制点は椿原学園

 

影山「スンマセン」

東峰「オッケー次1本!!」

椿原の応援席「ラッキーラッキー椿高ー!!」

次は椿原・岩室のサーブ

 

ha233-6

後衛にいる影山の動線にサーブを打つ岩室

少し被ってしまってレシーブが乱れた田中「ヌ”ッ、スマン!」

烏養「(後衛セッターの動線、人が交錯する場所狙いのサーブ 当然の様に嫌なトコ打ってきやがる)」

乱れてしまった烏野、レフトの澤村が打つが拾われてしまう

 

椿原の試合のビデオを見ながら対策を立てている時の話

烏養「(要注意はやっぱ4番・寺泊だな 190cmのタッパで多少乱れてもガンガン打ってくるしバックアタックも強烈だ

極力、ブロックの上から打たれないようにしろよ)」

 

その寺泊にトスがあがる

 

ha233-7

ブロックに跳ぶ澤村と日向だったが、その上から打ってくる寺泊

日向「(高ぇっ)」

しかし…

 

ha233-8

そのアタックをレシーブする西谷

寺泊「!」

武田「よしっ」

東峰がアンダーで田中にトスをあげる…が

 

ha233-9

東峰「(長い…!)」

ネットを越えていくボールをダイレクトで打ち込んで決める舞子

東峰「すまん!」

烏養「いい!次次!」

武田「(バレーは試合中、ボールがほとんど “空間” に有る競技

空間認識能力は必要不可欠であるし 今は緊張と、この初めての体育館にそれが乱されている事は間違いない そして恐らく…)」

岩室は次のサーブも同じ所を狙ってくる

今回は綺麗にレシーブした田中「オシッ!」

ボールの下に素早く入る影山、動きだす日向

椿原の前衛3人「(来た 10番)」

しかし…

 

ha233-10

日向「!」

トスは合わずにそのまま落ちていく…

武田「(恐らく “空間” の影響を最も受けるのは 精密を極める、影山君のトスワーク)」

3連続得点の椿原学園

大佐渡「(一気に呑み込め…!)」

 

ha233-11

影山「悪い 修正する」

次回、ハイキュー!! 234 へ

 

※以下感想です※

前回は…潔子さんが今日に至るまでの経緯、想い…そしてそれを次に繋げること…

そんな熱い心情が潔子さん目線で描かれました

「練習して練習して練習して 積んで来たものは 想像以上にあっけなく終わる それがどうした」

…読んでいない方、潔子さん好きはぜひ前回をお読み下さい…!!

で…日向のシューズが入っているバッグは無事、試合開始前に戻ってきました

そして…最後の一コマ!!

ついに初戦の相手が “神奈川県代表の椿原学園” …!!と明らかになったところで終わっての今回ですが…

ついに試合が始まりました…!!

やはりビデオで立てた対策などは試合の要所要所で出てくる感じですね

そして今回は、烏養が山形に寄ってきた時の収穫も明らかになりました

全国に実際行った時の注意点などを聞いてきてくれましたね

前回、滑りにくい床については触れられましたが…もうひとつ厄介なのが天井…

で…開始早々ということもあり、今回はそのミスが出ましたね

でも影山は…相変わらず頼もしすぎますね!!

最後の集中した表情を見るに…もう次の1本で修正を見せてくれそうな勢いです

超速攻で観客席のみんなの度肝を抜いてやりたかったですが…それはまたのお楽しみですね

あとは…椿原学園は神奈川の第2代表でしたね

やはり生川高校がトップで勝ち上がってきているんでしょうか

とりあえず椿原は2年連続の出場…ということで、経験の差…というものも少し見せられてしまう感じになりそうですね

あ!今回はいつものスターティングメンバー一覧が描かれていますのでぜひ本誌をチェックして下さい

そして次回はSPポスター巻頭カラー!!

最新記事を即お知らせ