【ネタバレ】ハイキュー!! 232 感想【注意】

第232話 戦線

 

潔子「(いつもと何が違ったのか

空を切ったと思った脚に触れた堅い感触に 心臓がギュッとなった

転倒 きれいに一回転 痛みは無い

ただ 雲がゆっくりだったから ああ転んだんだって思った)」

 

試合開始が近づく中…

バッグを取り違えられた日向

武田「…ではどこかで取り違えられたという事ですかね」

日向「多分…!」

谷地「チェックのやつだよね?子供服チェーン店の袋だと思うから色んな人が持ってる可能性があるね…」

日向「妹のなんだけど丈夫だし丁度良い大きさだったから…」

山口「やっぱり…日向がトイレに行った時、俺荷物から目を離した瞬間があって その時としか…!スミマセン!!」

日向「山口のせいじゃねーし」

頭を抱える2人

武田「はい落ちついて 駅に確認してみましょう」

縁下「買いに行きますか?」

澤村「場合によってはだな」

2人「すんませんっ…!!」

菅原「だーいじょぶだ、◯なねえから」

影山「お前ケータイは?」

ポケットをまさぐる日向「!! あの袋の中だ…!影山ナイス…!」

すぐに日向のケータイに電話する山口

武田「駅にも遺失物センターにも届いていない様です」

烏養「嶋田は町内会連中を迎えに行っちまったし、たっつぁんもまだ来てねぇしな…!」

日向のケータイと繋がる

山口「! 出た!」

烏養「よし、とにかく下に降りるぞ 少しでも身体動かす」

一同「ハイ」

電話内容を伝える山口「子供が間違って持ってっちゃったみたいで…!場所は…」

武田「よかった!遠く無い!では」

潔子「私行ってきます」

武田「!」

谷地「! それなら私の方が…!」

潔子「私、足にも体力にも自信あるの」

武田「?」

谷地「!」

 

ha232-1

潔子「私はすぐ戻ってくるけど、1人になったら心細いよね」

谷地「?」

潔子「だから慣れてね」

谷地「…!」

力強く答える谷地「…ハイ…!」

 

潔子「試合開始までには戻って来る」

澤村「すまん清水、頼んだ」

日向と山口「ズビバゼン”ッ」

潔子「…無理かもしれないけど “心配しないで” 待ってて」

真剣な目の田中と西谷「潔子さん、どうぞご無事で…!!」

東峰「その言い方、逆に不安になるからやめてくれ」

菅原「まあ清水だし大丈夫だべ」

澤村「ハイハイ!俺達は試合に集中!」

 

走る潔子

 

1年の頃…

澤村からマネージャーに誘われた潔子は、グラウンドを走る人達に目をやるが…承諾する

 

潔子「(練習して練習して練習して 積んで来たものは 想像以上にあっけなく終わる

その事実を私は 自分で思っている以上に恐れていたのかも知れない

バレー部にはしばらくマネージャーは居なくて 自己流で色んな事を知った バレーのルール・審判のハンドシグナル・スコアの付け方

何かに打ち込んでいる時の心地良さ でもどこか他人事 自分は最前線で戦っているわけではないという安堵

 

ha232-2

でもチームメイトは 徐々に “他人” ではなくなった)」

 

烏養「いいかぁーいつもより動いて汗かけよ いつも板の床と比べてこのコートは凄え滑りにくい!

いつもの感覚で床に突っ込むと怪我する、汗で摩擦を減らすんだ」

→次のページへ