【ネタバレ】ハイキュー!! 231 感想【注意】

第231話 開幕とハプニング

 

開会式のため、館内に入ったユニフォーム姿の選手達

黒尾「アラアラまさか緊張してますのサームラさん」

澤村「…無駄口の多さこそ緊張の証じゃないかねクローさん」

 

ha231-1

ドキドキしている両主将

黒尾「つーかおたくの10番 ”間違って迷い込んじゃった” みたいになってっけど大丈夫なの?」

 

大きな人にぶつかる日向「アッ!スンマセッ」

ぶつかった日向が後ろの西谷にぶつかり…目の前には女子…!!

 

ha231-2

西谷「!(…これは まさかこれは夢にまで見た ラッキーなハプニングのエロ…即ちラッキー・エロ)」

近づいてくる胸にそっと目を閉じる西谷「(すまない これはフカコウリョクだ ありがとう神様 ありがとう翔陽 ありが…)」

 

ガ!!

 

西谷「( “ガッ” ?)」

 

ha231-3

ゆっくりと目を開けると…子供のように抱えられている西谷「…」

女子「大丈夫ですか…?」

これはこれで目を輝かせる西谷「(美女にキャッチされた…!)ハイ大丈夫デス」

そこに…

田中「おおーい叶歌だろー!?久しぶりだなーっ!」

日向と西谷「!?」

その女子は同じ宮城県代表・新山女子高校の2年、ウイングスパイカーの天内叶歌「りゅ、龍ちゃん久しぶり」

日向と西谷「!?」

ピンときた日向「(代表決定戦の時の “女王” のチームの人だ…!)」

田中「いつだ、小4ぶりか?!」

叶歌「そうだね」

田中「相変わらずでっけー…なー…」

叶歌「?」

 

ha231-4

田中「(なんかすげえ “育ってる” )」

顔を真っ赤にする田中

日向「?」

新山女子「天内、整列」

叶歌「! ハイ!」

東峰「田中固まってら」

菅原「田中が女子に気軽に話しかけるなんておかしいと思ったんだよ どうやら今初めて “女子である” と認識したようだな」

澤村「失礼だな」

小声で言って去っていく叶歌「がんばろうね龍ちゃん」

田中「あっ ハッ オゥッ」

 

古森「オッス影山 オッスー」

菅原「おお…!!影山にも知り合いが…!あれ多分…古森元也 ”高校No.1リベロ” って月バリで見た」

その言葉に反応してじっと古森を見る西谷

影山「佐久早さんは一緒じゃないんですね」

古森「佐久早はアッチ」

 

ha231-5

端に1人佇んでいる佐久早

古森「あいつ人混み大キライだから」

 

木兎「ヘイヘイヘェーイ!!」

日向「!!」

 

ha231-6

木兎「日向ヘェーイ!!」

日向「木兎さん…!」

日向の背中をバンバン叩く木兎「来たな〜オイ〜俺の1番弟子よ〜」

赤葦「日向、違う事は違うって言おう」

ざわつく周りの選手達「木兎だ、梟谷の木兎」「なんかオーラあるよな〜」「 “弟子” ってあのキョドリチビ何者…!?」

木兎「ネット挟んだら容赦しねえぜ」

日向「ハイ!!」

木兎「わははは!!あっ、ツッキー!!」

月島「…」

黒尾「ミミズク野郎うるせーなー」

研磨「あの “どこに居ても自分家” みたいな感じ羨ましい」

 

アナウンス「お待たせ致しました ただ今より、ジャパネット杯・春の高校バレー 全日本バレーボール高等学校選手権大会 開会式を行います」

一校一校入場していく選手達

澤村・東峰・菅原「(オレンジ・コート…!)」

武田「(…皆、落ち着きが無くなるのは仕方の無い事)

でも烏養くんは落ち着いて」

そわそわしている烏養「! わかってるよ!とにかくアップ、とくに初戦はどれだけちゃんとアップできるかが超重要だ 今日は忙しねえぞ…!」

日向と影山「(始まる…!!)」

→次のページへ