【ネタバレ】ハイキュー!! 229 感想【注意】

第229話 前日

 

携帯のアラームが鳴り、目を覚ます澤村

澤村がジャージを着て出掛けようと靴を履いていると…

母「どこ行くの?」

澤村「え、部活」

 

ha229-1

母「試合なら昨日全部終わったでしょ」

澤村「…は?」

 

急いで走り出す澤村「(いやいやいや いやいやいやいや)」

走りながら電話をかけようとする澤村「(スガ…スガ…? 旭…アズマネアサヒ…?)」

しかし電話帳には2人の名前がない

体育館の扉を開けた澤村

 

ha229-2

そこには田代と黒川達がいる

澤村「黒川さん、田代さんチワッス!」

バスケットボールを持っている田代「オース」

澤村「何でバスケやってんスか?」

田代「だってここはバスケ部の体育館だぞ」

一瞬固まった澤村「バ、バレー部は!?他の連中は!?」

*「他って誰の事?」

澤村「誰…って」

*「バレー部はお前1人だろ」

 

携帯のアラームが鳴り、目を覚ます澤村「…最悪だ…最悪の初夢だ…」

今は1月1日の午前6時

カレンダーには春高の日に丸がつけてある

澤村は机に座ったが…

落ち着かないのかチラ…チラ…と頻繁に時計に目をやる

はー…と大きく息を吐いた澤村は部屋から出て行く

 

神社に到着した澤村「(完全に早過ぎたな…待ち合わせの時間まで30分もある…)」

しかし…

澤村「あ」

東峰「お」

菅原「おー?」

 

20分後…

 

ha229-3

潔子「…あれ ごめん…私、時間間違った…?」

3人「いや全く」

新年の挨拶をし合う4人「明けましておめでとうございます…」

菅原「皆で初詣なんて初めてだな〜正真正銘 “初” 詣ってな〜 おい、てことは去年のは何だよ ただの “詣” カヨ〜!」

3人「…」

菅原「おいいい加減にしろよ!?」

澤村「違う、お前が落ち着けスガ!!」

東峰「…」

澤村「お前は多少のリアクションをしろよ!!呼吸で精一杯かよ!?」

潔子「(春高まで4日…みんな緊張してるんだな…)」

 

お参りする4人(東峰は長めに…)

菅原「おみくじ引こ」

澤村「おー俺も 何年ぶりだべ」

潔子「私、頼まれたお守り買ってくる」

澤村「旭は?」

東峰「うーん悪いの出たら凹むしな〜」

菅原「大丈夫だ、考えすぎ」

 

おみくじを引いた3人

お守りを買って戻ってくる潔子が2人組の男に声をかけられそうになるが…

 

ha229-4

澤村と東峰を見て去っていく男達

潔子「東峰おみくじ引いた?」

無言で見せる東峰…

引いたのは “凶” …

澤村と菅原「まじか…!お前 “持ってん” なー!」

菅原「大凶だったらもっとネタになるし逆にラッキーみたいな感じあるけど微妙に凶!」

潔子「朝の占い11位的な」

大笑いする菅原「12位だったら1位と同じくらい目立つのに的な!!」

東峰「うるせぇよ!!スガと大地は何だよ!?」

2人「末吉」

東峰「そっちの方がビミョーじゃねーか!!」

東峰の肩をポンポンと優しく叩く潔子

 

神社の階段を降り始める4人

菅原「そう言えばさ、お参りする時って神様に “お願い” するより “日頃の感謝” するんだっけな?確か」

東峰「え!?先に言えよ!すげえお願いばっかしちゃったよ…試合の事から将来の事まで あと隣ん家の老犬の健康までお願いしちゃったよ!

神様に図々しいと思われた…!」

東峰「神様はそんな心狭くねえさ」

菅原「まあ “試合勝てますように” くらいは思っちゃうよなー」

潔子「神様にお願いしても試合に勝たせて貰えるワケじゃない」

東峰「…!」

澤村「おお、清水…!」

菅原「言っちゃう?今ソレ言っちゃう??」

 

ha229-5

潔子「大丈夫、神様の助けがなくても大丈夫よ」

3人「…!!」

 

ha229-6

それぞれ両手を突き上げたり、ガッツポーズしたりする3人

そんな3人を見て微笑む潔子

→次のページへ

最新記事を即お知らせ