【ネタバレ】ハイキュー!! 228 感想【注意】

第228話 変化

 

両校「ありがとうございました!!」

帰り支度を始める一同

黄金川「なあ!影山って凄え練習してそうなのに全然テーピングとかしてねえよな 指痛くなんねぇ?

俺なんかしょっちゅう爪痛めたりすんだよー!もう今は予防でも巻いてる」

 

影山「…指は鍛えてる、指立てとか色々 テーピングすると違和感があるからできるだけしない

とくに指先はボールとの間に0、1mmでも何かあるとボールがわかんなくなる だから爪と指先はいつも完璧に手入れする」

黄金川「!?(指の手入れ…!?)俺も今日からやる…!」

すれ違いざまに言う二口「どうせ3日も続かねえよ」

黄金川「!!」

影山「…コ…カネコガワは」

すれ違いざまに言う月島「惜しい、”コガネガワ” 」

影山「…スマン、黄金川は最高到達点何cmだ」

黄金川「えー?っと340cmだったかな」

337cmだった影山「!」

黄金川「測ったの半年くらい前だから今もうちょいいくかも」

影山「!!(高いところから高いところへ つまり “最短距離” のセットアップ…)」

黄金川「?」

考え込む影山

日向「コガネー!またなー」

黄金川「! おー!!」

追分監督に挨拶する武田と烏養

睨み合いながら歩いていく田中と二口

田中の背中を押す縁下、二口をなだめるような小原

澤村・東峰・菅原が体育館を出ると…

そこには伊達工3年の3人

一同「あ」

 

ha228-1

茂庭「…春高がんばって下さい」

澤村「はい、ありがとうございます」

それぞれの方向へ歩いていく2組

菅原「やっぱ伊達工、威圧感が凄えなー」

胸をなでおろす東峰「絡まれたくないNo.1…」

澤村「茂庭君は優しげだろ」

菅原「いやいや鉄壁2年2人組を従えてた奴だぞ!?」

 

笹谷「烏野はあの黒ジャージが人相の悪さを引き立ててるよな、ピンクとかにすればいいのに」

鎌先「…俺もヒゲにしようかな…」

茂庭「ドコ張り合ってんだよ」

 

無言で見つめ合う日向と青根は…

 

ha228-2

ぺこり…!!

 

烏野の体育館に戻った一同「お疲れしたっ」「したー!」

澤村「自主練は程々に!とくに山道を越えて帰ったりする系の奴!!」

ビクッとする日向「!!」

木下「西谷、今日も練習付き合うぜ?」

 

数十分後…

西谷「もう1本だ久志ィ!!」

息を切らしている木下「ちょ、ちょっと待って ペース…ペースがあるから…」

西谷「サーブ練習は心拍数上げてやってナンボじゃあー!!」

※試合中、サーブを打つ時は大体心拍数が上がっている状態の為

サーブを打つ木下「こんニャロ…!」

 

ha228-3

西谷はオーバーハンドでのレシーブをミスする

西谷「! クッッッッソ…!!」

ペナルティとして指立て10回する西谷「ぬうううっ フーッ フーッ」

木下「(あんな余裕無い西谷、試合中でも見ないな…)」

サーブを打つ田中「くらえ!!」

木下「!?」

指立て10回の後、床に突っ伏していた西谷だったが素早く立ち上がって完璧なレシーブを見せる

田中「はぅあっ!?」

日向「かっけー! …影山はレシーブの時、何考えてる?」

影山「…ボールをどう◯すか…?」

日向「お前が言うと物騒( “◯す” )」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ