【ネタバレ】ニセコイ 223 感想【注意】

第223話 イヒョウ

 

鎖分銅を使い、形勢逆転してクロードを捕えた鶇

クロード「…鎖分銅だと そんな物いつの間に覚えた」

鶇「クロード様の知らない間に そうやって皆、少しずつ進んでいるのです

お嬢だっていつまでもクロード様の考えるように弱いままではありません お嬢を信じてあげて下さい」

 

クロード「…フッ まさか私がお前に負かされる日が来るとはな…

…だが!私はまだ諦めんぞ、諦めてたまるものか…!誰があんな軟弱なガキなんぞに…!」

鶇「クロード様…!」

クロード「なぜだ誠士郎、なぜ…!お前はそれ程の力を持ちながら欲が無い…!?」

鶇「…!?」

クロード「お前はお嬢を愛しているのだろう?命を賭しても良い程に…

私は分かっているぞ お前がお嬢に任務以上の感情を抱いていることにな

それがなぜあのような男にお嬢を奪われて黙っていられるのだ…!!」

鶇「…!? ですからそれは、私は一条楽がお嬢の隣にふさわしいと…」

クロード「…私はな、いつかこんな日が来ると思っていたのだ お前が私を打ち倒す日を…

そしてその時こそ語ろうと思っていた 私が胸の内に秘めていた想いをな

私はお前であればお嬢と共にこのビーハイブを更に盛り立てていけるのではないかと…」

鶇「…? …あ…あのクロード様…?さっきから話がイマイチよく…」

クロード「貴様…!!これだけ言ってもまだ分からんか…!!

 

ni223-1

私はな誠士郎…!!お前がお嬢と結婚してくれれば良いとずっと思っていたのだァ…!!」

呆気にとられ、クラァ…とよろめく鶇

クロード「お前であれば実力・名声共に問題あるまい!お前が今まで立てた功績を思えばボスも耳を傾けて下さるはずだ…!

お前は私が手塩にかけて育てた自慢の “息子” だ お前は組織の人間からの信頼も厚いし、何よりこの私が後見人となる 誰も反対などすまいだろう

どうだ誠士郎、今からでも遅くはない…!今はお嬢はあのガキに目をかけておられるようだがお前がその気だと知ればすぐに気持ちを変えて下さるだろう…!

当然だ!誰があんな猿とお前を比べてアレに魅力など感じるものか…!

これはお前の望む所でもあるハズだ さあ誠士郎、私と一緒に…!」

 

不敵に笑う鶇「…フッ…フ…フフ…フ…フフフフフ…そうか…そうだったんですか…クロード様あなたは…」

クロード「…!? な…なんだ 何がおかしい…?」

鶇「…クロード様、私のことをよく見ていて下さい」

 

ni223-2

胸元を破る鶇「私は “女” だぁあぁー!!」

今度はクロードが呆気にとられる…

クロード「…誠士郎 お前いつの間にそんな手術を…」

クロードの頬を擦るように銃弾を打つ鶇

クロード「ほ…本当…なのか い…いつから…」

鶇「この世に生を受けた時からです!!」

クロード「…なぜ…隠していた…」

鶇「隠してなどいません、むしろアピールすらしていました ですが全く気付いて頂けなかったのです

確かにまだ組織内にも気付いていない者も少しはいます

ですが心のどこかで本当は気付いているのではと思っていたのですが よもやこうもサッパリ気付いておられなかったとは…

…これで分かったでしょう? クロード様の見ている物が常に正しいとは限らない

私の事を買って頂けているのならば信じて下さい 私が信じているお嬢のこと、そして私とお嬢が信じている一条楽という男のことを…

“信じて見守る” そういう力もあるんですよ」

クロード「…言葉もない 私の負けだ 何もかも…」

→次のページへ

最新記事を即お知らせ