【ネタバレ】ニセコイ 218 感想【注意】

第218話 ナンダカ

 

天駒高原に到着した千棘「…ここが天駒高原… …不思議

全然覚えてるわけじゃないのに どこか懐かしい気分になる…

(…ここが私達の出会った場所… 私と楽と小咲ちゃんと万里花に羽さん そして…私達が何か “大切な約束” をした所…

 

…とはいえあんまし実感湧かないんだけどね 覚えてない事の方が多いんだから仕方ないんだけど…

ここで何か思い出せるか分からないけどとりあえず色々調べてみないと 何かきっかけがあるかもしれないし…)」

 

場面は楽の家

準備を終え、出発しようとする楽

そこへ走ってやってくる羽「…楽ちゃあ〜ん!千棘ちゃんの居場所が分かったってホント!?」

楽「羽姉」

天駒高原にいると話した楽

羽「…そっかぁ天駒高原に…とゆうことは10年前の…」

楽「多分な あいつが今、何を考えてんのかは分かんねぇけどとにかく今から行ってみるよ かなり遠いから帰りは明日になると思う」

羽「分かった 気をつけて行ってきてね

う〜夏期講習さえ無ければ私も付いて行くんだけど〜…」

楽「仕方ねェだろ 羽姉は社会人として働いてんだから

心配すんなって 今度こそあいつを取っ捕まえて色々聞いてくっから 羽姉の分も叱っといてやるよ」

羽「…ねえ楽ちゃん もしかして “決めた” の…?」

楽「…? あ」

 

以前、羽に言われた事を思い出した楽

“楽ちゃんが自分にとって1番大切な人をちゃんと決めたら その時は私の知ってる事を全部教えてあげる”

 

楽「…ああ、決めた」

羽「…うん…そっか… なら私も約束を守らないとね 10年前の話…聞いていく?」

楽「…いややめとくよ 羽姉の言う通り、大切なのは今のオレの気持ちだろ?それでももし知りたくなったらその時改めて聞きにくるよ」

羽「…そっか… …楽ちゃん、ちょっとペンダント貸して」

ペンダントを受け取った羽は夜を呼ぶ

すぐさま現れた夜「了解」

 

ni218-1

そして目にも止まらぬ速さでペンダントを…

すると鍵穴から星形の鍵先が出てくる

楽「!!」

 

ni218-2

先の折れた自分の鍵と合わせる羽「…これがペンダントに詰まっていた物の正体」

楽「…」

 

羽「…覚えてないのも無理ないね コレ、楽ちゃんの友達が興味本位で開けようとしてこうなっちゃったの 当時は楽ちゃんと大泣きしてたんだけど

楽ちゃんが誰か大切な人を決めるなら過去を計算に入れて欲しくなくて黙ってたの

決めるなら本当に今、大切に想っているかで決めて欲しかった だから楽ちゃんが忘れてるなら黙ってようと思って…

 

ni218-3

ううん違うか 本当は 私の事を選んで欲しくて黙ってただけかもしれない…

その点はきっと万里花ちゃんも同じ気持ちだったんだろうなぁ…」

楽「…」

羽「ほ〜ら何て顔してるの!?私の事はもう気にしないって決めたでしょ!

ともかくこれでそのペンダントは本物の鍵さえ刺せば開くようになったわ ちなみに中に何が入ってるかまでは私も知らない

何が入っているのか 誰が約束の相手なのか 後は楽ちゃん次第…かな

それじゃあ行ってらっしゃい楽ちゃん たった1人の姉として遠くから応援してるわ 頑張ってね」

楽「…おう、ありがとな羽姉 行ってくる!」

 

出発する楽を見送った羽

夜「これでようやく終わりか?首領羽」

羽「…うん そうだね ようやく本当に…」

空を見上げる羽「…頑張れ楽ちゃん 大好きだよ」

 

日は暮れていき…到着した楽・小咲・集・るりの4人

楽「新幹線に電車にバスだからな すっかり暗くなっちまった」

→次のページへ