【ネタバレ】トリコ 305 感想【注意】

遊びの準備!!

カカ「”猿武”の基本は….”力の受け流し”ー

それを技術ではなく…細胞ひとりひとりでこなすのが猿武ですー」

トリコ「細胞ひとりひとり?」

サニー「どゆこと?」

猿武について 細胞で受け流すこと について說明し始めるカカ

まず 体に持っているグルメ細胞 これに統一しているのは”旺盛な食欲”のみで実は性格や能力にはそれぞれ個性があるという

そして普段自分が思うように動かしているつもりの体も 実際は細胞全員が脳の命令に従順なわけではなく

猿武の修行はまず60兆を超える細胞の”意志”を全て統一することから始まるのだという

ココ「ーなぜ力を受け流すのに…全ての細胞の意思統一が必要なんですか?」

カカ「エネルギーの流れを正確に捉えるためです 加わる力の”意図”や”種類”に対する認識にズレがあると

的確な対応が出来ないからですー」

例えるなら 針を刺されたりお灸をすえられることに違和感が無かったり

苦痛を伴う足つぼマッサージを悪意ある攻撃だと感じたり

こういった体の”認識”を細胞レベルで揃えることが重要な事らしい

カカ「細胞の足並みさえ揃えばエネルギーの滞りは無くなり 効率よく力を受け流すことが出来ます

それは重力の力でさえも….!!」

トリコ達「…..じゅっ 重力を…!!?」

サニー「はっ そういや”あの猿”….!!」

イアイアイが100Gマウンテンでも自由に跳ねまわっていたのを思い出した一行

猿武の”新入り”でもあのレベルなのかと驚いた様子

カカ曰く 重量という悪意のない自然現象についても細胞の認識は様々

それをストレスと感じて反発する細胞もあれば 逆らわずに受け流す細胞もいる

IMG_9993

全員が受け流す体勢を整えていれば 重力すらも体に停滞すること無く 随時躱し続けられるのだという

ココ「ボウルのように 入ってくるもの全てを受け止めていた体を ざるのように入ってくる力をふるいにかけ

風通しの良い体にするわけか….」

 

そして猿武の基礎を修得するための訓練として カカが取り出したのはビービーダンゴムシ

これを使ってお手玉をしてもらうという

ビービーダンゴムシは弱く臆病な生物だが びっくりしてまるまると

物凄い速度で転がったり 持ちあげられなくなるほど重くなったり 風に舞うほど軽くなったりする特性をもつらしい

まずは一匹から と言われてぽいっと上に投げてみるトリコ

トリコ「んあ?なんだ!? 空中でとまっ….!!」

ズドン!

空中で止まったかと思いきや急に猛スピードで落下してしまうダンゴムシ

カカ「それがビービーダンゴムシ 重くなったり軽くなったり速くなったり止まったり臭くなったり….」

トリコ「臭くもなるの!?」

カカ「はい毒も出しますよ…. 0.1秒以内に離さないと手が溶ける毒です」

そんなダンゴムシの動きに まずは一匹から的確に動けるようになってもらうというカカ

しかし ゼブラは「遊んでる暇はねぇ 俺は俺のやり方でやるぜ」といって一人姿を消してしまう

残った3人でまずは一匹からやってみることに

しかしやはり相当手こずっている様子

ココ「(こ これは….持ち上げようとする力が間に合わない…..!)

「(重さを感じて脳がそれを認識してからじゃ遅い… 指先で それこそ細胞で変化を感じ取り細胞自身の判断で対応しないと….

到底間に合わない….)」

正確な判断力と意思を統一して協力する協調性

細胞の一つ一つに 脳以上に質の高い細胞組織が必要になるというココ

ちなみにイアイアイは既に3つでお手玉出来るらしく

トリコ達に披露する

IMG_9992

カカ「猿武のレベルはお手玉の数で知ることが出来ます

3つ出来れば基礎をマスターしたと言えますね 晴れて”新入り”ですー」

”奥義”を極めるには時間が足りないが トリコ達の才能に期待して言えば 基礎だけなら2日で習得出来るという

ちなみに本来なら基礎の習得だけでも数ヶ月はかかる

そしてこれは猿王を倒すための修行ではない ということを忘れるなというカカ

カカ「ーあくまでも 猿王の”遊び相手”になれるかどうかの準備….

目的はたった一つ…◯玉ですからね…!」

サニー「◯玉いうな」

 

小松のリミットまであと3日

その頃バンビーナはドキドキしながらまだ隠れていた

次回、トリコ第306話へ

 

※以下感想です※

ダンゴムシでのお手玉開始….!

圧倒的な実力差を見せつけられて敗北したトリコ達ですが どうやらこれから2日3日で細胞レベルで体を作り替える?ようです

そうきくと結構な荒行….!  に感じますがゼブラは気に入らなかったようですね….

確かに全員がお手玉で強くなるよりは ゼブラだけでも放置されていた師範達と戦ってくれたほうが

色々と納得できそうですが…  実際どういう修行をするつもりなのか…

またあくまでも遊び相手になるレベルを目指す ということで急激なインフレも回避出来そうなのはちょっと安心しました

そして愚衛門はどのタイミングで登場してくることになるのか….

最新記事を即お知らせ