【ネタバレ】トリコ 295 感想【注意】

いざエリア7!!

エリア8南南東行末の島

ダルマ仙人達に見送りにきてもらっている様子のトリコ達

トリコ「本当に色々と世話になった…心から礼を言うよ….妖食界のみんな」

感謝しているのは儂らのほうじゃと返すダルマ仙人

今だ昏睡状態の小松の容態は人工臓器によりなんとかもっているだけで得体のしれない攻撃だっただけに

いつ急変するかもわからないのだという

オクトパスイカに食材を詰め込んでいるブランチ

これからはエアをはじめとするエリア8の食材をどんどん人間界に運ぶらしい

トリコ「人間界とグルメ界をつなぐ”食の架け橋”そこから次々と応援も来てくれるはずだ….!!」

護衛として?メルクやアタシノ妖食界の戦士たちも乗り込むとのこと

袋を指さすブランチ「トリコ…ホンマに”これ”もっていってええんか….?」

トリコ「ああ…依頼された俺の仕事なんだ…お前にしか運べない 頼むぜブランチ!」

そして新たに現れるキャンピングモンスター電シャーク(捕獲レベル605)

「で…電車だー!!海から電車が出てきたーっ!!」

トリコを食おうとする電シャーク

ダルマ仙人曰く電シャークはセーフティモンスターの中でも気性が荒いがエリア7に入ればすぐに大人しくなるという

エリア7はグルメ界で唯一無差別の捕食が認められない場所だからだという

ダルマ仙人「知能が高く恐ろしく強い猿達が支配して折るのがエリア7通称モンキーレストラン」

「大陸の屈強な猛獣達を服従させその社会と食のルールは厳しく統率が取られておる その猿山のボスが他でもない八王の一角

八王の一のヤンチャ者….!!猿王バンビーナ!!その好戦的で気性のあらい性格は”八王の問題児”とも呼ばれるイタズラ好きの暴れ猿….

IMG_8791

その実力は….馬王ヘラクレスを凌ぐとも言われておるぞ」

驚くトリコ達

ペアの捕獲は恐らく猿王との戦闘は不可避だという

しかしトリコ達もそう簡単にはやられないと決意をのぞかせる

マッピー「ト…トリコ….」

いつもリュックに入れて持ち歩いていたというお守りだという小さな袋を手渡すマッピー

マッピー「どうか…どうか死なないでーよ…どうか….」

お礼を言うトリコ「ーんっまてよ….そういや黄金の沼に降りてきた鋼雲って何年もそのままなんじゃなかったっけ?あの沼通れるのかオクトちゃん!?」

思い出したかのように焦る一同の前に突如現れたヘラクレス

「ば….ばば…馬王おおおおお!!!!」

フン!

ズオオオオ!!!

あの鼻息で鋼雲を吹き飛ばしトリコの方へ目をやるヘラクレス

驚くトリコ「ば….馬王…」

馬王にもお礼を言いつつ

電シャークで出発するトリコ達

IMG_8789

「待ってろよ食寶ペア!来るなら来い!!猿王バンビーナ!!」

「そして…(○ぬなよ….小松….!!)」

次回、トリコ第296話へ

 

※以下感想です※

魔王ヘラクレスの次は猿王バンビーナ….!

なにやらトリコを見逃してくれた魔王よりも好戦的で強い猿王だそうですが…..

弱冠”魔王”でハードルが上がりすぎた印象も否めないかと….

確かに鉄平達だけでなくこれから登場する八王らも例の得体のしれない攻撃等を使える可能性もなくはないのである意味納得はいきそうですが

一体どんな描写でこれ以上の強さを感じさせてくれるのでしょうか…..

この分だとエリア1なんかではとんでもない事になっていそうですが….

応援が来てきてくれるーの時に描写があったゾンゲなんかがノコノコやって来て一体どういった活躍を見せてくれるのか

そこは楽しみでありますが